XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

シーケンス番号とは、32ビットの符号なし整数であり、指定された送金元からのトランザクションが正しい順序で1回だけ実行されるようにするために使用されます。

すべてのXRP Ledgerアカウントには、Sequenceフィールドに1つのシーケンス番号があり、アカウントがトランザクションを送信し、そのトランザクションが検証済みレジャーに記録されるたびに、1ずつ増加します。シーケンス番号は各トランザクションSequenceフィールドにもあり、そのトランザクションが実行される際にアカウントの現在のシーケンス番号と一致している必要があります。各アカウントで、各シーケンス番号は番号順に一度だけ使用できます。

DeletableAccounts Amendment を適用する場合、アカウントのSequence番号の始まりが、アカウントが作成されたレジャーバージョンの[レジャーインデックス][]と一致します。DeletableAccountsを適用しない場合、どのアカウントのSequence番号も1で始まります。

トランザクションがレジャーに記録されると、トランザクションの実行が成功したかtecクラスのエラーコードで失敗したかを問わず、シーケンス番号が1つ消費されます。トランザクションのその他の失敗についてはレジャーに記録されないため、送金元のシーケンス番号は変更されません(その他の影響もありません)。

レジャー内では、[アドレス][]とシーケンス番号を一緒に使用して、その送金元とシーケンス番号を持つ検証済みトランザクションによって作成されたオブジェクトが識別されることがあります。この方法で識別されたオブジェクトの例として、Escrowオファーが挙げられます。

複数の未確定のトランザクションが、同じ送金元と同じシーケンス番号を持つことが可能です。そのようなトランザクションは互いに排他的であり、検証済みレジャーに記録されるのはいずれか一方のみです。(それ以外は最終的に影響ありません。)