XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

XRP Ledgerのアカウントは、XRP Ledgerの[base58][]フォーマットのアドレスで識別されます。このアドレスはアカウントのマスター公開鍵から生成され、マスター公開鍵は秘密鍵から生成されます。アドレスはJSON文字列で記述され、以下の特徴があります。

  • 長さは25から35文字
  • 文字rから始まる
  • 数字"0"、大文字"O"、大文字"I"、小文字"l"を除く英数字
  • 大文字と小文字を区別
  • 4バイトのチェックサムが含まれており、ランダムな文字から有効なアドレスが生成される確率はおよそ232分の1
注記

宛先タグをアドレスに「組み込む」Xアドレス形式もあります。これらのアドレスはX(メインネット用)またはTテストネットワーク用)で始まります。取引所とウォレットは、顧客が知る必要のあるすべてのデータを1つの値で表すためにXアドレスを使用できます。詳細については、Xアドレスフォーマットサイトコーデックをご覧ください

XRP Ledgerプロトコルは「クラシック」アドレスのみをネイティブにサポートしていますが、多くのクライアントライブラリはXアドレスもサポートしています。