XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

XRP Ledger内の多くのオブジェクト、特にトランザクションとレジャーは、256ビットのハッシュ値で一意に識別されます。通常、この値は「SHA-512ハーフ」として算出されます。SHA-512ハーフは、あるコンテンツからSHA-512ハッシュを計算し、出力の前半を取得したものです。(これは256ビット、つまり32バイトで、16進数表記では64文字です。)オブジェクトのハッシュは、極めて競合の発生しにくい方法でコンテンツから生成されるため、2つのオブジェクトが同じハッシュを持つ場合、それらのオブジェクトは同じものと見なされます。

XRP Ledgerのハッシュ値には、以下の特徴があります。

  • 長さは64文字ちょうどです
  • 16進数の文字セット: 0-9およびA-Fです。
  • 通常は大文字で記述されます。

注記: SHA-512ハーフは、公式に定義されている SHA-512/256 ハッシュ関数とほぼ同等のセキュリティーを持ちます。しかし、XRP LedgerはSHA-512/256より前から利用されているため、既存のSHA-512関数上に実装することも容易にできます。(この記事の時点で、暗号ライブラリーでのSHA-512のサポートはSHA-512/256よりはるかに一般的です。)