XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

XRP Ledgerでは、金融機関は秘密鍵の漏えいに関連するリスクを最小限に抑えるために、複数のXRP Ledgerアドレスを使用するのが一般的です。業界標準では、以下のような役割分担をしています。

  • 1つの発行アドレス。「コールドウォレット」とも呼ばれます。このアドレスは、レジャーでの金融機関の会計上の関係の中心となるものですが、トランザクションの送信は可能な限り少なく抑えます。
  • 1つ以上の運用アドレス。「ホットウォレット」とも呼ばれます。インターネットに接続した自動システムが、これらのアドレスへの秘密鍵を使用して、顧客やパートナーへの送金といった日常業務を実施します。
  • オプションの待機アドレス。「ウォームウォレット」とも呼ばれます。信頼できる人間のオペレーターが、これらのアドレスを使用して運用アドレスに送金します。