Provide a Better Alternative to Bitcoin

XRPL's Origin

Bitcoinに魅了されていた3人は、Bitcoinが持つ制約を改善したより優れたバージョンを作ることを目指し、さらに持続可能で決済に特化したデジタルアセットを構築するという目標を掲げました。

XRP Ledgerが初めてローンチされたのは2012年6月のことです。そのすぐ後にChris Larsenが加わり、2012年9月にOpenCoinという会社を創設しました(現在はRippleという名前になっています)。

The XRPL founders gifted 80 billion XRP, the platform’s native currency, to the company. Ripple has since put the majority in escrow.

2011年、XRP Ledgerの開発

2011

In early 2011, three developers—David Schwartz, Jed McCaleb, and Arthur Britto—were fascinated with Bitcoin but observed the waste inherent in mining. They sought to create a more sustainable system for sending value (an idea outlined in a May 2011 forum post: “Bitcoin without mining”).

Read More

莫大なエネルギー消費量とスケーラビリティの問題が将来的にBitcoinを悩ませるだろうという最初の気付きには先見の明があったことが実証されました(2019年には、Bitcoinのマイニングに使用されたエネルギー量はポルトガルの国全体のエネルギー消費量を上回ったと推定されています)。また、3人は当初から、もしいずれかのマイナー(または共謀したマイナー集団)がマイニングパワーの50%以上を獲得した場合、深刻な問題が発生するであろうと考えていました。Bitcoin(とEthereum)のマイニングパワーは中国に集中しているため、現在もなおそのリスクを抱えています。

XRPL Launches its Native Currency, XRP

2012

The trio of developers continued the work to build a distributed ledger that improved upon these fundamental limitations of Bitcoin, originally naming the code Ripple. The ledger included a digital asset that would originally be called “ripples” (XRP as the currency code) to follow the same naming convention as Bitcoin (BTC). At the time, the name Ripple stood for the open-source project, the unique consensus ledger (Ripple Consensus Ledger), transaction protocol (Ripple Transaction Protocol or RTXP), the network (Ripple network), and the digital asset (known as “ripples”).

Read More

このアプローチでは「Ripple」という言葉が幅広い意味でよく使われるため、コミュニティでは明確にするためにデジタルアセットを「XRP」と呼び始めました。

2012年6月には、Schwartz、McCaleb、Brittoがコードの開発を完了し、XRP Ledgerが完全に機能するようになっていました。

XRP Ledgerが完全に機能するようになると、XRPの80%がこの会社に贈与されました。当初の名前はNewCoinでしたが、すぐにOpenCoinという名前に変更されました。

Chris LarsenがOpenCoinのCEOになり、創業時点では、Jed McCalebが共同創業者兼CTO、David Schwartzが最高暗号技術責任者、Arthur Brittoが相談役でした。

2013年、OpenCoinからRipple Labsにブランド変更

2013

Since the early days, OpenCoin set out to revolutionize the global financial system. Despite the revolutionary ideals of many of Bitcoin’s early believers, Larsen never thought blockchain technology should be used to overthrow the existing financial system. He believed that history’s most transformative innovations have always relied on the great ideas that came before them—not displacing them.

Read More

創立して間もないころ、見込み顧客との商談のなかで、Rippleプロジェクトと会社であるOpenCoinとの違いについて尋ねられました。コミュニティではデジタルアセットを通貨コードである「XRP」と広く呼ぶようになっていたことから、経営陣は会社をRipple Labsというブランドに変更することを決めました。それが次第に短縮して「Ripple」と呼ばれるようになりました。

現在、この会社は自社の国際送金事業でXRPとXRP Ledgerを流動性管理に使用しています。Rippleは今でも、広範なXRPコミュニティのステークホルダーでありコントリビューターです。

XRPL Foundation Launched

2020

Founded September 24, 2020, the XRPL Foundation is an independent and nonprofit entity with a mission to accelerate the development and adoption of the decentralized XRP Ledger. The Foundation received an initial donation of over $6.5M from Coil, Ripple, and Gatehub to fund the Foundation’s work in service of the growing number of developers and other community members building on the XRP Ledger.