Bitcoinに代わる選択肢

XRPLの原点

Bitcoinに魅了されていた3人は、Bitcoinが持つ制約を改善したより優れたバージョンを作ることを目指し、さらに持続可能で決済に特化したデジタルアセットを構築するという目標を掲げました。

XRP Ledgerが初めてローンチされたのは2012年6月のことです。そのすぐ後にChris Larsenが加わり、2012年9月にOpenCoinという会社を創設しました(現在はRippleという名前になっています)。

XRPLの創設者は、プラットフォームのネイティブ通貨である800億XRPを同社に贈与しました。その後、リップル社はその大半をエスクローに預けています。

2011年、XRP Ledgerの開発

2011

2011年初頭、David Schwartz、Jed McCaleb、Arthur Brittの3人の開発者は、Bitcoinに魅了されながらも、Bitcoinに潜む問題を考えていました彼らは、より持続可能な価値の送信システムを作ろうとしました。(このアイデアは、2011年5月のフォーラムへの投稿「Bitcoin without mining」で概説されています)。

Read More

Their initial observations about the high energy consumption and scalability issues that would plague Bitcoin proved prescient. In 2019, estimates suggest Bitcoin mining used more energy than the entire country of Portugal. Moreover, their initial read indicated that significant problems could arise if any miner obtained (or miners colluded to obtain) greater than 50% of the mining power. That risk persists with Bitcoin (and Ethereum) today as mining power has consolidated in China.

XRPL Launches its Native Currency, XRP

2012

3人の開発者は、このようなBitcoinの基本的な限界を改善した分散型台帳を構築する作業を続け、当初そのコードを「Ripple」と命名しました。この台帳には、Bitcoin(BTC)と同じ命名規則に従って、当初は「ripples」(通貨コードとしてはXRP)と呼ばれるデジタル資産が含まれていました。当時、Rippleはオープンソースプロジェクト、独自のコンセンサスレジャー(Ripple Consensus Ledger)、トランザクションプロトコル(Ripple Transaction Protocol、RTXP)、ネットワーク(Ripple network)、デジタルアセット(「ripples」と呼称)を表す名称でした。

Read More

このアプローチでは「Ripple」という言葉が幅広い意味でよく使われるため、コミュニティでは明確にするためにデジタルアセットを「XRP」と呼び始めました。

2012年6月には、Schwartz、McCaleb、Brittoがコードの開発を完了し、XRP Ledgerが完全に機能するようになっていました。

Once the XRP Ledger was live, 80% of the XRP was gifted to a new company that set out to build use cases for the digital asset—initially called NewCoin and renamed quickly to OpenCoin.

Chris LarsenがOpenCoinのCEOになり、創業時点では、Jed McCalebが共同創業者兼CTO、David Schwartzが最高暗号技術責任者、Arthur Brittoが相談役でした。

2013年、OpenCoinからRipple Labsにブランド変更

2013

OpenCoinはその初期から、世界の金融システムに革命を起こすことを目標としていました。Bitcoinの初期の賛同者の多くが革命的な理想を抱いていたにもかかわらず、Larsenはブロックチェーン技術が既存の金融システムを転覆させるために使用さわれるべきではないと考えていました。彼は、歴史上最も革新的なイノベーションは、常にその前に現れた偉大なアイデアに依存しており、それらを置き換えるものではないと信じていました。

Read More

創立して間もないころ、見込み顧客との商談のなかで、Rippleプロジェクトと会社であるOpenCoinとの違いについて尋ねられました。コミュニティではデジタルアセットを通貨コードである「XRP」と広く呼ぶようになっていたことから、経営陣は会社をRipple Labsというブランドに変更することを決めました。それが次第に短縮して「Ripple」と呼ばれるようになりました。

現在、この会社は自社の国際送金事業でXRPとXRP Ledgerを流動性管理に使用しています。Rippleは今でも、広範なXRPコミュニティのステークホルダーでありコントリビューターです。

XRPL財団の創設

2020

Founded September 24, 2020, the XRPL Foundation is an independent and nonprofit entity with a mission to accelerate the development and adoption of the decentralized XRP Ledger. The Foundation received an initial donation of over $6.5M from Coil, Ripple, and Gatehub to fund the Foundation’s work in service of the growing number of developers and other community members building on the XRP Ledger.