より速く、低コストで、環境にやさしい送金

インパクト
デジタルアセットのXRPは真にグローバルな通貨であり、今日の国際経済を実現するのに最適です。

両替に最適な手段であるXRPとその基盤となるXRP Ledgerは、現在利用できる他のどの通貨よりも速く、低コストで持続可能な国際送金をサポートします。

このように設計されていることで、国際送金だけにとどまらず、さまざまなところでそのインパクトが実証されています。

How Green is Your Currency?

経済的機会の創出

For more than 272 million migrants worldwide, sending and receiving money across borders is expensive, unreliable and complex.

XRPとXRP Ledgerがそれを変えています。このテクノロジーは、国際取引の流動性を調達するために、世界中の金融機関に採用されています。前例のない効率性を実現しているため、コストを下げ、サービスを向上させることができるのです

つまり、安心かつ安全な国際送金を求める何億人もの人々が、かつてないほどの低コストと高い信頼性で送金できるようになるということです。

未来を見据えて構築されています

デジタルアセットとブロックチェーン技術は未来の金融です。オープンで分散化されており、資金、株式、ロイヤルティポイント、知的財産などさまざまな価値を交換するための史上初の国際標準を提供します。

そのため、金融サービス業界でこの技術を採用する事例が増えています。その用途は、リテール、機関投資から、国際送金など商用の用途まで幅広いものです。

利用が広がるなか、この技術が将来的にも環境の観点から持続可能となるような対策を現時点で取っていくことが重要になります。

BTC、ETH、XRPの米ドル建て取引額の予測
2025

+195.3%

$8.6T

2030

+21.4%

$10.5T

どのデジタルアセットも似たようなものでしょうか?

デジタルアセットにはそれぞれ独自の強みがあり、現代のさまざまな用途に適しています。

Bitcoinは価値の貯蔵場所として広く認識されており、Ethereum(ETH)はスマートコントラクトでの使用に適しています。

XRPはグローバルな決済に最適なように設計されており、高速で安価、スケーラブルでエネルギー効率に優れています。それだけでなく、XRP Ledgerは、NFTやDeFiのような革新的なブロックチェーンのユースケースでもますます人気が高まっています。

また、送金に最適なこの特徴は、環境にもよい効果をもたらします。XRPは本質的に環境にやさしいデジタルアセットです。

XRPとXRP Ledgerはなぜ環境にやさしいのでしょうか?

デジタル通貨でも物理的な通貨でも、現在利用されているほとんどの通貨は環境にやさしくありません。地球に長期的な影響を及ぼす可能性があり、深刻な結果が解消されないおそれがあります。

XRP Ledgerは消費エネルギーがごくわずかで、全てのXRP通貨が既に発行されており、独自の「コンセンサス」メカニズムを通じてトランザクションを処理します。

現金も相当の二酸化炭素排出量があります。その環境への影響は、エネルギー消費量だけでなく、廃棄による富栄養化、光化学オゾンの発生、温室効果ガスの排出など、さまざまな要素がかかわってきます。

Bitcoinなど他のデジタルアセットは、取引の確認と新規コインの創出に、XRPとは異なる技術を使用しています。この「プルーフオブワーク」アルゴリズムでは「マイニング」が必要です。マイニングとは、取引の検証を行うために驚くほどのエネルギーを集中的に使用するプロセスです。その年間のエネルギー消費量は国全体の消費量を上回ります。

XRPを幅広く採用すれば、この無駄を抑制して、私たちの地球と国際経済の持続可能な未来を実現できます。

Explore the Carbon Calculator