XRPの概要

XRPに関する質問にお答えします

XRPとは何ですか?

XRPとは、XRP Ledger(パーミッションを必要としない、オープンソースで分散型のブロックチェーン技術)に固有のデジタルアセットです。

送金に特化したデジタルアセットとして2012年に作成されたXRPは、レジャーの取引を3秒から5秒で決済できます。より優れたBitcoinをつくることを目指して設計されており、他のどのデジタルアセットよりも速く、低コストで、環境にやさしいのが特徴です。

メリット
メリット XRP Bitcoin
高速性
3秒から5秒で決済完了 500秒で決済完了
低価格
$0.0002(1取引あたり) $0.50(1取引あたり)
スケーラブル
1秒あたり1,500取引 1秒あたり3取引
持続可能性
環境の観点から持続可能(エネルギーをごくわずかしか消費しない) 世界のエネルギー消費量の0.3%を占める

XRPの供給量は有限です

XRPは中央の仲介機関を必要とせずに直接送金できるため、2つの通貨間で迅速に効率よく取引できる便利な手段です。オープンな市場で自由に取引されており、実社会で国際送金や少額取引に使用されています。

Bitcoinとは異なり、XRPの供給量は有限です。XRPの総額は1,000億XRPであり、そのすべてが市場に出回っています。

XRPの沿革

XRP Ledgerはどのような仕組みですか?

XRP Ledgerは、誰でも構築が可能なオープンソース技術です。ソフトウェアエンジニア、サーバーオペレーター、バリデータなど多様な参加者で構成されるグローバルな「XRPコミュニティ」が、XRP Ledgerを管理しています。

XRP Ledgerはコンセンサスプロトコルを使用します。このプロトコルでは、バリデータが3秒から5秒ごとにXRP取引のオーダーについて合意に至ります。この合意が、最終的な取り消し不可の決済として機能します。

取引は、決定論的な順序で実行されるため、二重支払や不正行為を防ぐことができます。他のブロックチェーンとは異なり、取引手数料は取引実行の一環として消却されます。XRP Ledgerは、取引スループットを最大化しながら取引手数料をできるだけ低く抑えるという2つの目標の下、手数料をほぼリアルタイムで調整して、ネットワークの状況に対応します。

ネットワーク内のすべてのサーバーが、同じルールに従って各取引を処理します。このプロトコルに従っている取引はすべて、バリデータが定数に達した時点ですぐに確認されます。

XRPのバリデータ

バリデータは誰でも運営できます。現在、レジャーでは、大学、取引所、企業、個人が運営している150以上のバリデータがアクティブです。

技術を知る

XRPはなぜ便利なのですか?

XRPは、スピード、コスト、持続可能性、スケーラビリティに優れています。これは、成長を促進して国際経済の真の可能性、つまり価値のインターネットを実現するための鍵となる要素です。

企業

多くの企業が、分散型金融マイクロペイメント、ゲーム、ウェブ収益化など、大きな効果をもたらす用途を実現するために、XRP Ledgerを基盤として開発しています。また、テクノロジー企業であるRippleも、XRPを活用したネットワークとインフラストラクチャを構築し、より速くて低コストな国際送金を実現するために取り組んでいます。

企業について詳しく見る

個人

個人の消費者は、XRPを利用することで、さまざまな通貨での国際送金が可能になります。例えば、PayIDを使用しているウォレットや取引所を通して、XRPはもちろん、法定通貨でもデジタルアセットでも任意の通貨を使って、誰もが任意の決済ネットワークで簡単に購入できます。

使用について詳しく見る

開発者

XRP Ledgerを基盤として開発すると、自社製品に決済を簡単に組み込めるので、決済を中心としたアプリケーションをシームレスに実現できます。RippleX開発者向けプラットフォームなどのプロジェクトを利用すれば、XRPを活用するのがさらに簡単になります。

開発者についてもっと見る
価値のインターネット

高速性

XRP Ledgerは、他のどのブロックチェーンよりも速く、3秒から5秒で取引を決済します。

低価格

XRP取引のコストはほんのわずか($0.0002)で、他の暗号資産や一般的な法定の決済方法よりもはるかに低コストです。

スケーラブル

XRP Ledgerは1秒あたりに最大で1,500件の取引を処理できます。

持続可能性

XRP取引の決済では、プルーフオブワーク(マイニング)に関連する、とても持続可能とはいえない莫大なエネルギーコストはかかりません。

使用実績がある

XRPは、国際送金という実際のユースケースでの使用実績のある、数少ないデジタルアセットの1つです。

取引

取引でXRPを使用するにはどうすればいいですか?

XRPは世界中の140以上の市場と取引所で取引されています。

XRPは取引手数料が低額で、信頼性が高く、高速であるため、トレーダーが取引所間で、高速かつコスト効率が高く信頼できる担保としてこのデジタルアセットを使用し、裁定取引の好機をとらえたり、マージンコールを支払ったり、全般的な取引インベントリを管理したりといったことをリアルタイムで行えるようになります。

XRPとそのエコシステムが本質的に持つ特性により、トレーダーが世界中の任意の取引所で担保の移動、通貨間の取引、ある暗号資産から別の暗号資産への切り替えをほぼ瞬時に実行できます。

詳細を見る
RippleとXRPの違い

RippleとXRPはどのような関係があるのですか?

Rippleは、自社が提供するプラットフォームであるRippleNetを通して、効果の高いグローバル決済事業を手軽に構築できるようにしているテクノロジー企業です。XRPはそれとは独立したデジタルアセットであり、効率的でコストパフォーマンスのよい国際送金を実現するRippleのOn-Demand Liquidityサービスで使用されています。2017年12月に、Rippleは安定した健全なXRP市場を支援するために、暗号で保護されたEscrow口座に550億XRPを預託しました。

Rippleのウェブサイトを見る
XRPコミュニティ

XRPL.org: コミュニティのために、コミュニティの力で

XRPL.orgは、XRPとXRP Ledger(XRPL)のあらゆるものを提供する、コミュニティ主体のリソースです。XRPに関して提案したい追加の情報があれば、こちらから変更を提案できます。

変更を提案する