rippledへのコードの提供

XRP Ledgerを管理するピアツーピアのコアサーバーであるrippledの機能向上のために、コードまたはバグレポートを提供いただけますか? 以下は、コードと機能性の迅速なレビューの実現に向けたロードマップです。

1

rippledリポジトリにアクセスする

rippled はオープンソースプロジェクトです。rippledのコードを参照するには、rippled GitHubリポジトリにアクセスします。バグの報告またはご協力いただく前に、以下の作業を行いコードと開発者の作業を理解することをお勧めします。

2

rippledサーバーを設定、実行する

rippledサーバーを設定および実行して、XRP Ledgerを管理するこのピアツーピアのコアサーバーの開発者の作業と機能を理解します。誰もが自身のrippledサーバーを運用して、ネットワークをフォローし、XRP Ledgerの完全なコピーを保持できます。

3

XRP Ledger統合ツールを試す

XRP Ledgerとの統合を支援するさまざまなツールがあります。WebSocketおよびJSON-RPC APIエンドポイントからripple-lib JavaScriptライブラリまで、開発者コミュニティに提供されているさまざまな統合ツールを試してみてください。

4

サンドボックスXRP Ledgerアカウントを取得する

XRP Ledger Test Netを使用してサンドボックスアカウントを取得します。rippled serverをTest Netに接続し、テストコールを実行してXRP Ledgerに慣れましょう。

5

開発環境を設定する

rippled開発環境は、C++コンパイラー、rippledのコンパイルに必要なライブラリ(Boostなど)へのアクセス、ソースファイルを変更するためのエディターを提供します。rippledリポジトリ で、最新の推奨ツールを確認してください。また、各自でGitHubのrippledリポジトリの専用フォークを作成してください。これにより、公式リポジトリへプルリクエストを発行できるようになります。

6

rippledのコーディングスタイルを理解する

rippledにコードを提供する前に、rippledリポジトリで使用されているコーディング基準を理解しておいてください。コーディング基準は徐々に進化しており、コードレビューを通じて伝達されます。いくつかの点については、他よりも厳しく適用されます。

7

コードを提供する

rippledを理解できたので、rippledの改善に関するアイデアが浮かんでくることもあるかと思います。XRP Ledgerで開発作業を行っていて、ご使用のアプリケーションに必要な機能をXRP Ledgerが提供できるようにするコードの提供を希望されているかもしれません。rippledリポジトリにアクセスして課題やプルリクエストを登録します。

8

バグを報告する

rippledを検証する過程で、意図したとおりに機能していないと思われるコードが見つかることがあります。バグを報告するには、rippledリポジトリで課題を登録 します。

セキュリティ関連のバグの報告については、RippleのBug Bountyプログラム を通じて責任を持ってぜひ公開いただけるようお願い致します。