XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

認可Minter

私は認可Minterとして、トークン発行者のために合意されたレートでトークンをミントし、トークンを売却して利益を得て、ロイヤリティを発行者に還元したいのです。

トークン発行者の認可Minterとして動作することができます。この場合、あなたはNFTokenを所有しますが、ロイヤリティはNFTokenの発行者が受け取ります。そのNFTokenを売却する場合、最初の売却益はあなたに入ります。発行者と合意の上、初回売却額の一部または全部を発行者に支払うことができます。

チュートリアル認可Minterの割り当てで詳しく説明されています。

認可Minterのフロー

rippledインスタンスのセットアップ

取引量の多い本格的なマーケットプレイスサイトを立ち上げる場合、独自のXRP Ledgerサーバインスタンスを立ち上げるという判断が当然となります。rippledのインストールをご覧ください。

マーケットプレイスのセットアップ

NFTを自分で設計するのではなく、NFTクリエイターと連携して認可Minterとなり、NFTの生成を代行することができます。これにより、NFTクリエイターは新しいNFTの生成に専念でき、あなたはNFTのミントと販売を担当することができます。認可Minterをご覧ください。

NFTの作成を終了すると、作成者は認可Minterの権限を取り消し、NFTに対する権限を取り戻すことができます。また、NFTの販売を行うマーケットプレイスにトークンを譲渡することもできます。あなたは、売りオファーと買いオファーのマッチングを行うブローカーとして機能することができます。NFTオークションの実行をご覧ください。

他のアカウントに代わって最初のNFTをミントする場合は、他アカウントからのNFTミントを許可するをご覧ください。

発行者として将来的にトークンをバーンできるようにしたい場合は、Flagsフィールドを 1 に設定します。NFTを譲渡可能にするには、Flagsフィールドを 8 に設定します。NFTをバーン可能かつ譲渡可能にするには、Flagsフィールドを 9 に設定します。BurnableフラグおよびTransferableフラグをご覧ください。

transfer feeを設定することで、将来の取引からロイヤリティを徴収することができます。これは販売価格の0~50%を表す0~50000の値です。NFTの取引手数料をご覧ください。

NFTokenのURLは、NFTのコンテンツが保存されている場所へのリンクです。IPFSアカウントを作成し、永続的なURLにNFTokenのコンテンツを保存するのも1つの方法です。NFTデータ保存のベストプラクティスをご覧ください。

最も気になるであろう留意点:

  • コレクションとしてNFTをミントする TokenTaxonフィールドを使用して、特定のテーマや目的をもったNFTのセットを作成します。
  • NFTの固定供給 また、「使い捨て」アカウントでNFTを作成し、別のアカウントで一定数のNFTを取得した後、ミントに使用した「使い捨て」アカウントを削除することで、作成したNFTの希少性を確保することができます。NFTの固定供給をご覧ください。

NFTの取引

NFTの取引は、売りオファーの作成または買いオファーの承諾によって行われます。NFTokensの取引をご覧ください。

NFTをオークション形式で販売することができます。NFTオークションの実行をご覧ください。

あなたはブローカーとして、売り手と入札者をつなぎ、取引を完了させ、購入価格の何パーセントかを保持することができます。NFTokenの取引を仲介するをご覧ください。

準備金要件

販売用のNFTをミントする際には、XRPの準備金が必要となります。各NFTokenページには、2XRPの準備金が必要です。NFTokenページは16~32個のNFTを保管することができます。

NFTokenOfferオブジェクトは、2XRPの準備金が必要です。

NFTokenOfferを作成したり、NFTを売却したりする際には、些細な送金手数料(およそ6000ドロップ、または0.006 XRP)が発生します。大量に販売する場合、こうした少額の手数料はすぐにかさみますので、ビジネスのコストとして考慮する必要があります。

次のコンテンツをご覧ください。

  1. NFTokenOffer
  2. NFToken page (所有者準備金)
  3. 少額の取引手数料

支払い

XRPL NFTの最もシンプルな支払い方法はXRPです。XRPを使ったNFTの売り買いの例については、NFTokenの取引をご覧ください。

他の通貨での取引は、DEXを活用してあらゆる種類の発行通貨を受け入れ、取引することができます。分散型取引所での取引をご覧ください。

NFTのインデックス

NFTを出品する際、オブジェクトのメタデータを使って分類するのが便利な場合があります。XRPLライブラリ、Clioサーバ、XRPL APIやBithompライブラリの拡張機能などのクエリを使用して、NFTをクリエイター、価格、コレクション、レアリティなどでソートしたりフィルタリングしたりすることができます。

関連項目: