レジャーオブジェクトID

レジャーの状態ツリーのすべてのオブジェクトには一意のIDがあります。このフィールドは、オブジェクトの内容と同じレベルでJSONのindexフィールドとして返されます。IDは、オブジェクトの重要な内容をハッシュし、名前空間ID を使用して生成されます。レジャーオブジェクトタイプにより、使用する名前空間IDとハッシュに含める内容が決定します。これにより、すべてのIDが一意になります。ハッシュを計算するため、rippledはSHA-512を使用し、その結果を最初の256バイトで切り捨てます。SHA-512Halfと呼ばれるこのアルゴリズム出力は、SHA-256と同等のセキュリティで、64ビットプロセッサーでは実行にかかる時間が短くなります。

図: rippledによる、SHA-512Halfを使用したレジャーオブジェクトIDの生成。スペースキーは、異なるオブジェクトタイプIDの競合を防止します。

関連項目

  • XRP Ledgerでは、ハッシュがどのように生成、使用されているかについての詳細は、ハッシュを参照してください。
  • レジャーの基本的な説明については、レジャーを参照してください。