取引所でのXRPの上場

貴社の取引所にXRPを上場し、ユーザーがXRPを入金、取引、出金できるようにしましょう。以下に、実行する必要のある作業の概要を示します。

1

XRPを上場するための前提条件を満たす

取引所にXRPを効果的かつ安全に上場するために必要な基盤と操作プロセスを用意します。

これには、XRP Ledgerアカウントの作成と保護、内部バランスシートの実装、適切なセキュリティー手順の導入、該当規制への準拠が含まれます。

2

rippledサーバーを設定して実行する

rippledは、XRP Ledgerを管理するコアのピアツーピアサーバーです。

これは必須ではありませんが、取引所のXRP取引プロセスの速度と信頼性を管理するために、独自のrippledサーバーを運用することをお勧めします。

開発と調査のため最初は1台のrippledサーバーから始めます。貴社のユースケースに応じ、例えば、1台のプライベートピアバリデータを持つ複数のクラスターサーバーから構成されるエンタープライズデプロイメントを構築することもできます。

バリデータモードでrippledサーバーを実行することにより、取引所としてXRP Ledgerネットワークの強化と分散に貢献できます。ご使用のrippledサーバーがバリデータの公開リストに含まれていない場合でも、間接的にネットワークに貢献し、評判を高めていくことができます。

3

XRP Ledgerインテグレーションツールを試す

XRP Ledgerとのインテグレーションを支援する様々なツールがあります。

WebSocketやJSON-RPC APIエンドポイントからRippleAPI JavaScriptライブラリーまで、貴社のテクノロジーに合ったインテグレーションモードを選択できます。

4

サンドボックスXRP Ledgerアカウントを取得する

XRP Ledger Test Netを使用してサンドボックスアカウントを取得しましょう。ご使用のrippledサーバーをTest Netに接続し、テストコールを実行してXRP Ledgerに慣れましょう。実際のXRPで取引する準備ができたら、ライブのXRP Ledgerでの取引に切り替えられます。

5

インテグレーションを理解してコーディングし、資金の流れをサポートする

XRPの上場をサポートするために、XRP Ledgerとのインテグレーションをコーディングし、XRPを取引所に入金し、取引所でのXRPの取引、XRPの保有高のリバランス、取引所からのXRPの出金を可能にします。

関連タスク