ログメッセージについて

以下のセクションでは、rippledサーバーのデバッグログに出力される最も一般的なログメッセージタイプとその解釈を説明します。

これは、rippled問題を診断する上で重要なステップです。

クラッシュ

ログに記録されたランタイムエラーのメッセージは、サーバーがクラッシュしたことを示している可能性があります。このようなメッセージは通常、以下の例に示すいずれかのメッセージで始まります。

Throw<std::runtime_error>
Terminating thread rippled: main: unhandled St13runtime_error

サーバーが起動時に常にクラッシュする場合は、サーバーが起動しないで考えられる原因を参照してください。

サーバーが稼働中にランダムにクラッシュする場合、または特定のコマンドを実行するとクラッシュする場合は、rippledが最新バージョンに更新されていることを確認してください。最新バージョンに更新済で、サーバーがクラッシュする場合は、以下の点を確認してください。

  • サーバーのメモリーが不足していませんか。一部のシステムでは、OOM(Out Of Memory)Killerやその他の監視プロセスによってrippledが終了されることがあります。
  • サーバーが共有環境で稼働している場合、他のユーザーや管理者によってマシンまたはサービスが再起動されますか。たとえば、一部のホステッドプロバイダーは、長期にわたって共有マシンのリソースを大量に消費するサービスを自動的に終了します。
  • サーバーはrippledを実行するための最小要件を満たしていますか。本番環境サーバーに関する推奨事項を適用していますか。

上記のいずれにも該当しない場合は、その問題をセキュリティ上重要なバグとしてRippleに報告してください。Rippleでクラッシュを再現できる場合は、報奨を受領できる可能性があります。詳細はhttps://ripple.com/bug-bounty/ を参照してください。

Connection reset by peer

以下のメッセージは、ピアrippledサーバーによって接続が閉じられたことを示します。

2018-Aug-28 22:55:41.738765510 Peer:WRN [012] onReadMessage: Connection reset by peer

ピアツーピアネットワークで接続が時折失われることは、特に異常な動作ではありません。この種類のメッセージが時折発生しても問題ではありません。

このようなメッセージが同時に大量に出力される場合は、以下のような問題がある可能性があります。

  • 1つ以上の特定のピアへのインターネット接続が切断されている。
  • サーバーからの要求でピアに過剰な負担がかかり、ピアがサーバーをドロップした。

No hash for fetch pack

以下のようなメッセージは、履歴シャーディングのために履歴レジャーをダウンロードする際に、rippled v1.1.0以前のバグが原因で発生します。

2018-Aug-28 22:56:21.397076850 LedgerMaster:ERR No hash for fetch pack.Missing Index 7159808

これらは安全に無視できます。

LoadMonitor:WRN Job

以下のようなメッセージは、機能の実行に時間がかかっている場合(この例では11秒以上)に出力されます。

2018-Aug-28 22:56:36.180827973 LoadMonitor:WRN Job: gotFetchPack run: 11566ms wait: 0ms

以下のようなメッセージは、ジョブの実行待機に時間がかかっている場合(この例でも11秒以上)に出力されます。

2018-Aug-28 22:56:36.180970431 LoadMonitor:WRN Job: processLedgerData run: 0ms wait: 11566ms
2018-Aug-28 22:56:36.181053831 LoadMonitor:WRN Job: AcquisitionDone run: 0ms wait: 11566ms
2018-Aug-28 22:56:36.181110594 LoadMonitor:WRN Job: processLedgerData run: 0ms wait: 11566ms
2018-Aug-28 22:56:36.181169931 LoadMonitor:WRN Job: AcquisitionDone run: 0ms wait: 11566ms

ジョブの実行に時間がかかり、そのジョブの完了を他のジョブが待っている場合に、この2種類のメッセージが同時に出力されることがよくあります。

サーバー起動後の最初の数分間にこの種類のメッセージがいくつか発生することは特に異常な動作ではありません

サーバーの起動後5分以上にわたってこれらのメッセージが継続する場合、特にrun時間が1000msを大きく上回る場合は、サーバーに十分なリソース(ディスクI/O、RAM、CPUなど)がない可能性があります。この原因として、使用しているハードウェアの性能が不十分であること、または同じハードウェアで実行されている他のプロセスがリソースをめぐってrippledと競合していることが考えられます。(rippledとリソースをめぐって競合する可能性のある他のプロセスの例としては、スケジュール済みバックアップ、ウィルススキャナー、定期的なデータベースクリーナーなどがあります。)

考えられるもう1つの原因として、回転型ハードディスクでNuDBの使用を試みていることが挙げられます。NuDBはソリッドステートドライブ(SSD)でのみ使用してください。rippledのデータベースには常にSSDストレージの使用が推奨されますが、RocksDBを使用する回転型ディスクでrippledを正常に稼働できる 可能性があります 。回転型ディスクを使用している場合は、[node_db][shard_db](使用している場合)の両方がRocksDBを使用するように設定されていることを確認してください。例:

[node_db]
type=RocksDB
# ... more config omitted

[shard_db]
type=RocksDB

View of consensus changed during open

以下のようなログメッセージが出力される場合は、サーバーがネットワークの他の部分と同期していません。

2018-Aug-28 22:56:22.368460130 LedgerConsensus:WRN View of consensus changed during open status=open,  mode=proposing
2018-Aug-28 22:56:22.368468202 LedgerConsensus:WRN 96A8DF9ECF5E9D087BAE9DDDE38C197D3C1C6FB842C7BB770F8929E56CC71661 to 00B1E512EF558F2FD9A0A6C263B3D922297F26A55AEB56A009341A22895B516E
2018-Aug-28 22:56:22.368499966 LedgerConsensus:WRN {"accepted":true,"account_hash":"89A821400087101F1BF2D2B912C6A9F2788CC715590E8FA5710F2D10BF5E3C03","close_flags":0,"close_time":588812130,"close_time_human":"2018-Aug-28 22:55:30.000000000","close_time_resolution":30,"closed":true,"hash":"96A8DF9ECF5E9D087BAE9DDDE38C197D3C1C6FB842C7BB770F8929E56CC71661","ledger_hash":"96A8DF9ECF5E9D087BAE9DDDE38C197D3C1C6FB842C7BB770F8929E56CC71661","ledger_index":"3","parent_close_time":588812070,"parent_hash":"5F5CB224644F080BC8E1CC10E126D62E9D7F9BE1C64AD0565881E99E3F64688A","seqNum":"3","totalCoins":"100000000000000000","total_coins":"100000000000000000","transaction_hash":"0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000"}

サーバー起動後の最初の5~15分間に、サーバーがネットワークの他の部分と同期せず、このようなメッセージが出力されることは特に異常な動作ではありません。サーバー起動後かなり経過してからこれらのメッセージが書き込まれる場合は、問題が発生している可能性があります。一般的な原因としては、信頼性の低いネットワーク接続や不十分なハードウェアスペックなどが考えられます。また、同じハードウェアで実行されている他のプロセスがリソースをめぐってrippledと競合している場合にも発生する可能性があります。(rippledとリソースをめぐって競合する可能性のある他のプロセスの例としては、スケジュール済みバックアップ、ウィルススキャナー、定期的なデータベースクリーナーなどがあります。)

Already validated sequence at or past

以下のようなログメッセージが出力される場合は、サーバーが異なるレジャーシーケンスの検証を順不同で受信しています。

2018-Aug-28 22:55:58.316094260 Validations:WRN Val for 2137ACEFC0D137EFA1D84C2524A39032802E4B74F93C130A289CD87C9C565011 trusted/full from nHUeUNSn3zce2xQZWNghQvd9WRH6FWEnCBKYVJu2vAizMxnXegfJ signing key n9KcRZYHLU9rhGVwB9e4wEMYsxXvUfgFxtmX25pc1QPNgweqzQf5 already validated sequence at or past 12133663 src=1

この種類のメッセージが時折発生しても通常は問題ありません。この種類のメッセージが同じ送信バリデータで頻繁に発生する場合は、以下のような問題がある可能性があります(可能性の高いものから順に示しています)。

  • メッセージを書き込むサーバーにネットワークの問題がある。
  • メッセージに表示されているバリデータにネットワークの問題がある。
  • メッセージに表示されているバリデータが悪意のある振る舞いをしている。

Unable to determine hash of ancestor

以下のようなログメッセージは、サーバーがピアからの検証メッセージを認識するけれども、サーバーが基盤としている親レジャーバージョンを認識しない場合に発生します。これは、サーバーがネットワークと同期している場合には正常です。

2018-Aug-28 22:56:22.256065549 Validations:WRN Unable to determine hash of ancestor seq=3 from ledger hash=00B1E512EF558F2FD9A0A6C263B3D922297F26A55AEB56A009341A22895B516E seq=12133675

サーバー起動後の5~15分以外の時点でこのメッセージが頻繁に発生する場合は、問題が発生している可能性があります。

InboundLedger Want hash

以下のようなログメッセージは、サーバーが他のサーバーにレジャーデータを要求していることを示しています。

InboundLedger:WRN Want: 5AE53B5E39E6388DBACD0959E5F5A0FCAF0E0DCBA45D9AB15120E8CDD21E019B

これは、サーバーの同期中、埋め戻し中、履歴シャードのダウンロード中は正常です。

InboundLedger 11 timeouts for ledger

InboundLedger:WRN 11 timeouts for ledger 8265938

これは、サーバーがそのピアに対して特定のレジャーデータを要求する際に問題が発生していることを示しています。レジャーインデックスが、server_infoメソッドにより報告される最新の検証済みレジャーのインデックスよりもかなり小さい場合は、サーバーが履歴シャードのダウンロード中である可能性があります。

これは厳密には問題ではありませんが、レジャー履歴を迅速に取得したい場合は、[ips_fixed]構成スタンザを追加または編集してからサーバーを再起動することで、すべての履歴が記録されたピアに接続するようにrippledを構成できます。たとえば、すべての履歴が記録されたRippleのサーバーに常に接続するには、以下のようにします。

[ips_fixed]
s2.ripple.com 51235

Potential Censorship

XRP Ledgerが取引検閲の可能性を検出すると、以下のようなログメッセージが出力されます。ログメッセージと取引検閲検出機能の詳細については、取引検閲の検知を参照してください。

警告メッセージ

LedgerConsensus:WRN Potential Censorship: Eligible tx E08D6E9754025BA2534A78707605E0601F03ACE063687A0CA1BDDACFCD1698C7, which we are tracking since ledger 18851530 has not been included as of ledger 18851545.

エラーメッセージ

LedgerConsensus:ERR Potential Censorship: Eligible tx E08D6E9754025BA2534A78707605E0601F03ACE063687A0CA1BDDACFCD1698C7, which we are tracking since ledger 18851530 has not been included as of ledger 18851605.Additional warnings suppressed.