XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

コントリビューター行動規範

誓約

私たちコントリビューターとメンテナーは、オープンで友好的な環境を育むために、年齢、体格、身体障害、民族、性的特徴、性自認および性表現、経験の度合い、学歴、社会経済的地位、国籍、容姿、人種、宗教、性的同一性および性的指向などを問わず、誰もが私たちのプロジェクトとコミュニティーに不快な思いをすることなく参加できるよう努めることを誓います。

標準

前向きな環境を作り上げることに貢献する行動の例:

  • 友好的で差別のない言葉の使用
  • 異なる観点や経験の尊重
  • 建設的な批判の素直な受け入れ
  • コミュニティーにとっての最善への注力
  • 他のコミュニティーメンバーへの共感の表示

前向きな環境を作り上げることに貢献しない行動の例:

  • 性的な意味を含む言葉や画像の使用、望まない性的注目や誘いかけ
  • あおり、侮辱的または軽蔑的なコメント、個人攻撃や政治攻撃
  • 公的または私的な嫌がらせ
  • 住所やメールアドレスなどの個人情報の、明確な許可なしでの公開
  • 職場において不適切であると合理的に考えられる、その他の行為

責任

プロジェクトのメンテナーは、許容できる行動の基準を明確にする責任があります。また、許容できない行動がなされた場合に、適切かつ公平な是正処置を講じることが期待されます。

プロジェクトのメンテナーは、この行動規範に沿わないコメント、コミット、コード、wiki編集、issueなどの投稿を削除、編集、拒否する権利と義務を有します。また、他の不適切、脅迫的、攻撃的、嫌がらせと考えられる行動を取ったコントリビューターを一時的もしくは恒久的に追放する権利と義務を有します。

適用範囲

この行動規範はすべてのプロジェクトスペース内で適用されます。また、個人がパブリックスペースでプロジェクトやコミュニティーを代表する際にも適用されます。プロジェクトやコミュニティーを代表する際の例としては、プロジェクトの公式メールアドレスを使用すること、公式ソーシャルメディアアカウントで投稿すること、もしくはオンラインまたはオフラインのイベントで、任命された代表者を務めることが挙げられます。プロジェクトを代表する行為については、プロジェクトのメンテナーがさらに細かく定義して明確にすることができます。

執行

暴言、嫌がらせ、またはその他の許容できない行動は、プロジェクトチーム([email protected])に連絡して報告することができます。すべての申し立ては確認、調査されたうえで、その状況に対して必要かつ適切と判断された対応が取られます。プロジェクトチームは、事象の報告者に関する秘密を保持する義務があります。特定の執行方針の詳細は、別途掲載される場合があります。

この行動規範を誠実に遵守または執行することができないプロジェクトのメンテナーは、プロジェクトを率いる他のメンバーの判断により、一時的または恒久的な措置が執られることがあります。

帰属

この行動規範は、コントリビューター行動規範バージョン1.4(https://www.contributor-covenant.org/version/1/4/code-of-conduct.html)から抜粋したものです。

この行動規範に関するよくある質問と回答については、https://www.contributor-covenant.org/faq をご覧ください。