XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

アカウントの種類

XRP Ledgerでは、金融機関は秘密鍵の漏えいに関連するリスクを最小限に抑えるために、複数のXRP Ledgerアドレスを使用するのが一般的です。業界標準では、以下のような役割分担をしています。

  • 1つの発行アドレス。「コールドウォレット」とも呼ばれます。このアドレスは、レジャーでの金融機関の会計上の関係の中心となるものですが、トランザクションの送信は可能な限り少なく抑えます。
  • 1つ以上の運用アドレス。「ホットウォレット」とも呼ばれます。インターネットに接続した自動システムが、これらのアドレスへの秘密鍵を使用して、顧客やパートナーへの送金といった日常業務を実施します。
  • オプションの待機アドレス。「ウォームウォレット」とも呼ばれます。信頼できる人間のオペレーターが、これらのアドレスを使用して運用アドレスに送金します。

資金のライフサイクル

トークン発行者がこのような役割を分担すると、以下の図のように資金が一方向に流れるようになります。

補充融資XRP Ledgerアドレス会計関係(トラストライン)送信 / 支払い凡例運用アドレス(自動)パートナー, 流動性プロバイダー,顧客待機アドレス(手動)発行アドレス(最高水準のセキュリティ)償還発行

発行アドレスは、待機アドレスに支払いを送信することでトークンを作成します。これらのトークンは(多くの場合)債務を表すため、発行アドレスの観点からはマイナスの価値を持ちます。同じトークンは、待機アドレスの観点も含めると、他の観点からはプラスの価値を持ちます。

待機アドレスは、実際の人間によって操作され、トークンを運用アドレスに送信します。このステップにより、発行アドレスはこの時点以降、可能な限り使用されることなく、同時に少なくとも一定のトークンを待機状態にすることができます。

自動化されたシステムにより運用される運用アドレスは、流動性プロバイダー、パートナー、その他の顧客など、他のカウンターパーティに資金を送ります。これらのカウンターパーティは、資金を自由に複数回送金することができます。

いつものように、トークンの支払いはトラストラインを通じて発行者を「波及」しなければなりません。

最終的に、誰かがトークンを発行者に送り返します。これによってトークンはバーンされ、XRP Ledgerにおける発行者の債務は減少します。トークンがステーブルコインであれば、これはトークンを対応するオフレジャー資産と交換する最初のステップです。

発行アドレス

発行アドレスは金庫に似ています。パートナーアドレス、顧客アドレス、運用アドレスは、発行アドレスにトラストラインを作成しますが、このアドレスは可能な限りトランザクションを送信しません。人間のオペレーターが定期的に、発行アドレスからトランザクションを作成、署名し、待機アドレスまたは運用アドレスの残高を補充します。理想的には、これらのトランザクションに署名するために使用される秘密鍵は、インターネットに接続されたコンピュータから決してアクセスできないようにする必要があります。

金庫とは異なり、発行アドレスは顧客またはパートナーからの支払いを直接受領できます。XRP Ledgerのトランザクションは全て公開されているため、自動化されたシステムは秘密鍵を必要とせずに発行アドレスへの支払いを監視することができます。

発行アドレスの漏えい

悪意のある第三者が金融機関の発行アドレスの秘密鍵を知った場合、その第三者は新しいトークンを発行し、ユーザに送ったり、分散型取引所で取引したりすることができます。これにより、ステーブルコインの発行者は支払不能に陥る可能性があります。金融機関が合法的に入手したトークンを区別し、公正に換金することが困難になる可能性があります。金融機関が発行アドレスのコントロールを失った場合、金融機関は新しい発行アドレスを作成しなければならず、古い発行アドレスにトラストラインを持つすべてのユーザは、新しいアドレスで新しいトラストラインを作成しなければなりません。

複数の発行アドレス

金融機関はXRP Ledgerで1つの発行アドレスから複数の通貨を発行することができます。ただし、送金手数料のパーセンテージやGlobal Freezeの状態など、1つのアドレスから発行される全ての(代替可能)トークンに等しく適用される設定もあります。トークンの種類ごとに設定を変えて柔軟に管理したい場合、金融機関は通貨ごとに異なる発行アドレスを使用する必要があります。

運用アドレス

運用アドレスはレジに似ています。イシュアンスを顧客とパートナーに送信して、金融機関に代わって支払いを行います。トランザクションに自動的に署名するには、運用アドレスの秘密鍵をインターネットに接続されたサーバに保管する必要があります。(秘密鍵は暗号化して保管できますが、サーバがトランザクションに署名する際に秘密鍵を復号化する必要があります。)顧客やパートナーは、運用アドレスへのトラストラインを作成しませんし、作成すべきではありません。

各運用アドレスのトークンとXRPの残高は限られています。運用アドレスの残高が少なくなると、金融機関は発行アドレスまたは待機アドレスから支払いを送ることで残高を補充します。

運用アドレスの漏えい

不正使用者が運用アドレスのシークレットキーを入手した場合に金融機関が失う可能性のある通貨額は、最大でも運用アドレスが保有している額までです。金融機関は、顧客やパートナーからのアクションなしに、新しい運用アドレスに切り替えることができます。 悪意のある第三者が運用アドレスの秘密鍵を知ってしまった場合、金融機関が失うのはその運用アドレスが持つ分の金額のみです。金融機関は、顧客やパートナーが何もしなくても、新しい運用アドレスに切り替えることができます。

待機アドレス

金融機関がリスクと利便性のバランスのために取ることができるもう一つの手段として、発行アドレスと運用アドレスの中間地点として「待機アドレス」を使用することです。金融機関は、待機アドレスとして追加のXRP Ledgerアドレスに資金を供給することができ、その鍵は常時オンラインのサーバでは利用できませんが、別の信頼できるユーザに委託されます。

運用アドレスの資金(トークンまたはXRP)が不足した場合、信頼できるユーザは待機アドレスを使って運用アドレスの残高を補充することができます。待機アドレスの資金が不足した場合、金融機関は発行アドレスを使用して、単一のトランザクションでより多くの資金を待機アドレスに送ることができ、待機アドレスは必要に応じてそれらの資金を自分たちの間で分配することができます。これにより、発行アドレスのセキュリティが向上し、単一の自動化システムの管理下に多くの資金を残すことなく、トランザクションの総数を少なくすることができます。

運用アドレスと同様に、待機アドレスは、顧客やパートナーではなく、発行アドレスとトラストラインを設定しなければなりません。運用アドレスに適用されるすべての注意事項は、待機アドレスにも適用されます。

スタンバイアドレスの漏えい

待機アドレスの秘密鍵が漏えいした場合、その影響は運用アドレスの場合と同じです。悪意のある第三者は、待機アドレスが保有するすべての残高を盗むことができ、金融機関は顧客やパートナーが何もしなくても、新しい待機アドレスに切り替えることができます。

関連項目