スタンドアロンモードでの保存済みレジャーの読み込み

rippledサーバーが以前にXRP Ledgerピアツーピアネットワーク(本番環境ネットワークまたはTest Net)と同期されている場合は、ディスクに保存されたレジャーバージョンから開始できます。

1.rippledを通常の方法で起動します。

既存のレジャーを読み込むには、最初にネットワークから当該のレジャーを取得する必要があります。rippledをオンラインモードで通常の方法で起動します。

rippled --conf=/path/to/rippled.cfg

2.rippledが同期されるまで待ちます。

server_infoメソッドを使用して、ネットワークに対するサーバーの状態を確認します。server_stateに以下のいずれかの値が示される場合は、サーバーは同期しています。

  • full
  • proposing
  • validating

詳細は、考えられるサーバーの状態を参照してください。

3.(省略可)特定のレジャーバージョンを取得します。

最新レジャーのみを必要とする場合は、このステップをスキップできます。

特定の履歴レジャーバージョンを読み込むには、ledger_requestメソッドを実行してrippledにそのレジャーバージョンを取得させます。rippledにまだレジャーバージョンがない場合は、レジャーの取得が完了するまでledger_requestコマンドを複数回実行する必要があります。

特定の履歴レジャーバージョンをリプレイする場合は、リプレイするレジャーバージョンとその直前のレジャーバージョンの両方を取得する必要があります。(前のレジャーバージョンにより、リプレイするレジャーバージョンに記述されている変更を適用する初期状態が設定されます。)

4.rippledをシャットダウンします。

stopメソッドを使用します。

rippled stop --conf=/path/to/rippled.cfg

5.スタンドアロンモードでrippledを起動します。

最新のレジャーバージョンを読み込むには、-aオプションと--loadオプションを指定してサーバーを起動します。

rippled -a --load --conf=/path/to/rippled.cfg

特定の履歴レジャーを読み込むには、--loadパラメーターと--ledgerパラメーターを使用し、読み込むレジャーバージョンのレジャーインデックスまたは識別用ハッシュを指定してサーバーを起動します。

rippled -a --load --ledger 19860944 --conf=/path/to/rippled.cfg

スタンドアロンモードでrippledを起動するときに使用できるオプションについての詳細は、コマンドラインの使用リファレンスの「スタンドアロンモードのオプション」を参照してください。

6.レジャーを手動で進めます。

スタンドアロンモードで--ledgerを使用してレジャーを読み込むと、読み込まれたレジャーが現行のオープンレジャーになるので、レジャーを手動で進める必要があります。

rippled ledger_accept --conf=/path/to/rippled.cfg