取引の結果

[ソース]

rippledサーバーは、取引結果の要約を結果コードで示し、結果コードはengine_resultmeta.TransactionResultなどのフィールドに記述されます。これらのコードは、それぞれ異なるプレフィクスを付加した複数のカテゴリーに分類されます。

カテゴリー プレフィクス 説明
コストの請求のみ tec トランザクションは意図された目的を果さず、トランザクションコストは消却されました。この結果が最終的なものになるのは、検証済みレジャーに記録された場合のみです。
失敗 tef サーバーの現在の(進行中の)レジャーまたはその後のレジャーに対して、トランザクションを適用できません。すでに適用されているか、レジャーの状態が原因となって、将来の適用が不可能になっています。
ローカルエラー tel 負荷が高いなど、ローカルの状態が原因となって、rippledサーバーでエラーが発生しました。サーバーまたは時間を変えて再送信すると、別の応答を得られる可能性があります。
形式が正しくないトランザクション tem 構文が誤っている、オプションが互いに矛盾している、署名が不正であるなどの原因で、トランザクションが無効になっています。
再試行 ter トランザクションを適用できませんでしたが、後ほど適用できる可能性があります。
成功 tes (エラーではありません)トランザクションは成功しました。この結果が最終的なものになるのは、検証済みレジャーに記録された場合のみです。

警告: トランザクションの暫定的な結果コードは、最終的な結果とは異なるものになる場合があります。暫定的に成功とされたトランザクションが最終的に失敗する場合や、暫定的に失敗とされたトランザクションが最終的に成功する場合もあります。暫定的に失敗とされたトランザクションが、最終的に別のコードで失敗とされる場合もあります。トランザクションの結果が最終的なものとなるタイミングを判断する方法については、結果のファイナリティーを参照してください。

ローカルエラー(tel)と形式が正しくないトランザクション(tem)の違いは、プロトコルレベルでのルールの問題です。例えば、トランザクションに含めることができるパスの最大数について、プロトコルでは上限が設定されていないとします。一方、サーバーでは、処理できるパスの数について上限を定義している場合があります。2つのサーバーがあり、設定がそれぞれ異なっている場合、一方はパスが多いという理由でトランザクションのtelエラーを返すのに対して、他方のサーバーではトランザクションが正常に処理されることもあります。コンセンサスを獲得したトランザクションを処理できるサーバーが十分にある場合、検証済みレジャーに含まれる可能性はあります。

これに対して、temエラーは、設定にかかわらずトランザクションを適用できるサーバーが存在しないことを示唆しています。トランザクションがプロトコルのルールに違反しているか、許容限度を超えてあいまいであるか、完全に無意味なものになっています。形式が正しくないトランザクションが有効なものになる可能性があるのは、プロトコルに変更が生じた場合のみです。例えば、新しい機能が採用された場合、当該の機能を使用するトランザクションは、当該の機能がまだ採用されていない古いソフトウェアを実行しているサーバーによって、形式が正しくないと見なされる可能性があります。

即時の応答

submitメソッドから返される応答には、トランザクションのローカル処理中に発生した事項を示す、rippledサーバーからの暫定的な結果が含まれています。

submitからの応答に含まれているのは、以下のフィールドです。

フィールド 説明
engine_result 文字列 結果を分類するコード。例: tecPATH_DRY
engine_result_code 符号付き整数 engine_resultに対応する数値。値そのものは変更される可能性があります。
engine_result_message 文字列 発生した事項を説明する、人間が読める形式のメッセージ。このメッセージは、問題を診断する目的で開発者に利用されることを想定したものであり、通知なく変更される可能性があります。

トランザクションをローカルで送信して適用した時点で問題がない場合、応答は以下のような内容になります。

    "engine_result": "tesSUCCESS",
    "engine_result_code": 0,
    "engine_result_message": "The transaction was applied.Only final in a validated ledger."

注記: この段階で成功の結果が表示されたとしても、トランザクションが完全に成功したことを示すわけではありません。ローカルのサーバーに保持されている暫定バージョンのレジャーに対して、正常に適用されたにすぎません。この段階での失敗の結果も、暫定的なものであり変化する可能性があります。詳細は、結果のファイナリティーを参照してください。