connect

[ソース]

connectコマンドは、rippledサーバーを特定のピアrippledサーバーに強制的に接続します。

connect要求は、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
   "command": "connect",
   "ip": "192.170.145.88",
   "port": 51235
}
{
   "method": "connect",
   "params": [
       {
           "ip": "192.170.145.88",
           "port": 51235
       }
   ]
}
#Syntax: connect ip [port]
rippled connect 192.170.145.88 51235

要求には以下のパラメーターが含まれます。

Field 説明
ip 文字列 接続するサーバーのIPアドレス。
port 数値 (省略可) 接続時に使用するポート番号。デフォルトでは6561です。

応答フォーマット

処理が成功した応答の例:

{
  "result" : {
     "message" : "connecting",
     "status" : "success"
  }
}
Loading: "/etc/rippled.cfg"
Connecting to 127.0.0.1:5005
{
  "result" : {
     "message" : "connecting",
     "status" : "success"
  }
}

この応答は標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果に次のフィールドが含まれています。

Field 説明
message 文字列 コマンドが成功した場合の値はconnecting

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • invalidParams - 1つ以上のフィールドの指定が正しくないか、1つ以上の必須フィールドが指定されていません。
  • スタンドアロンモードでは接続できません - スタンドアロンモードではネットワーク関連のコマンドが無効にされています。