feature

[ソース]

featureコマンドは、Amendmentに関してこのサーバーが認識している情報(Amendmentが有効であるかどうか、サーバーがAmendmentプロセスでこれらのAmendmentに賛成票を投じたかどうかなど)を返します。新規: rippled 0.31.0

featureコマンドを使用して、Amendmentへの賛成票または反対票を投じるようにサーバーを一時的に設定できます。この変更は、サーバーの再起動後までは持続しません。Amendment投票で持続する変更を行うにはrippled.cfgファイルを使用します。詳細は、Amendment投票の設定を参照してください。

featureメソッドは、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
 "id": "list_all_features",
 "command": "feature"
}
{
 "id": "reject_multi_sign",
 "command": "feature",
 "feature": "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373",
 "vetoed": true
}
{
   "method": "feature",
   "params": [
       {
           "feature": "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373",
           "vetoed": false
       }
   ]
}
#Syntax: feature [<feature_id> [accept|reject]]
rippled feature 4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373 accept

要求には以下のパラメーターが含まれます。

Field 説明
feature 文字列 (省略可) Amendmentの一意のID(16進数)またはAmendmentの短い名前。指定されている場合は、応答が1つのAmendmentに限定されます。それ以外の場合は応答にすべてのAmendmentのリストが表示されます。
vetoed ブール値 (省略可、featureが指定されていない場合は無視されます)trueの場合、サーバーに対しfeatureで指定されたAmendmentに反対票を投じるように指示します。falseの場合、サーバーに対しAmendmentに賛成票を投じるように指示します。

注記: サーバーが新しいAmendmentの適用方法を現在認識していない場合でも、featureフィールドにAmendment IDを指定すれば、新しいAmendmentに賛成票を投じるようにサーバーを設定できます。たとえば、Amendmentを 確かに サポートする新しいrippledバージョンに間もなくアップグレードする予定がある場合などにこのように設定できます。

応答フォーマット

処理が成功した応答の例:

{
 "id": "list_all_features",
 "status": "success",
 "type": "response",
 "result": {
   "features": {
     "42426C4D4F1009EE67080A9B7965B44656D7714D104A72F9B4369F97ABF044EE": {
       "enabled": false,
       "name": "FeeEscalation",
       "supported": true,
       "vetoed": false
     },
     "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373": {
       "enabled": false,
       "name": "MultiSign",
       "supported": true,
       "vetoed": false
     },
     "6781F8368C4771B83E8B821D88F580202BCB4228075297B19E4FDC5233F1EFDC": {
       "enabled": false,
       "name": "TrustSetAuth",
       "supported": true,
       "vetoed": false
     },
     "C1B8D934087225F509BEB5A8EC24447854713EE447D277F69545ABFA0E0FD490": {
       "enabled": false,
       "name": "Tickets",
       "supported": true,
       "vetoed": false
     },
     "DA1BD556B42D85EA9C84066D028D355B52416734D3283F85E216EA5DA6DB7E13": {
       "enabled": false,
       "name": "SusPay",
       "supported": true,
       "vetoed": false
     }
   }
 }
}
{
   "id": "reject_multi_sign",
   "status": "success",
   "type": "response",
   "result": {
       "features": {
           "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373": {
               "enabled": false,
               "name": "MultiSign",
               "supported": true,
               "vetoed": true
           }
       }
   }
}
200 OK
{
   "result": {
       "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373": {
           "enabled": false,
           "name": "MultiSign",
           "supported": true,
           "vetoed": false
       },
       "status": "success"
   }
}
Loading: "/etc/rippled.cfg"
Connecting to 127.0.0.1:5005
{
   "result": {
       "4C97EBA926031A7CF7D7B36FDE3ED66DDA5421192D63DE53FFB46E43B9DC8373": {
           "enabled": false,
           "name": "MultiSign",
           "supported": true,
           "vetoed": false
       },
       "status": "success"
   }
}

応答は標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果にAmendmentのマップがJSONプロジェクトとして含まれています。オブジェクトのキーはAmendment IDです。各キーの値は、そのIDのAmendmentのステータスを記述した Amendmentオブジェクト です。要求にfeatureが指定されいる場合、要求による変更の適用後には、要求されたAmendmentオブジェクトだけがマップに含まれます。各Amendmentオブジェクトのフィールドを次に示します。

Field 説明
enabled ブール値 最新レジャーでこのAmendmentが現在有効であるかどうか。
name 文字列 (省略される場合があります)このAmendmentの人間が読める形式の名前(判明している場合)。
supported ブール値 サーバーがこのAmendmentの適用方法を認識しているかどうか。このフィールドがfalse(サーバーがこのAmendmentの適用方法を認識していない)に設定されており、enabledtrue(このAmendmentが最新レジャーで有効である)に設定されている場合、このAmendmentによりサーバーがAmendment blockedになる可能性があります。
vetoed ブール値 サーバーがこのAmendmentに反対票を投じるように指示されているかどうか。

注意: Amendmentのnameは、Amendmentの内容を厳密に示すものではありません。サーバー間でこの名前が一意であることや整合性があることは保証されません。

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • badFeature - 指定されているfeatureのフォーマットが正しくないか、サーバーがその名前のAmendmentを認識していません。