ledger_accept

[ソース]

ledger_acceptメソッドは、サーバーが現在処理中のレジャーを強制的に終了し、次のレジャー番号に進むようにします。このメソッドはテスト専用であり、rippledサーバーがスタンドアロンモードで実行されている場合にのみ使用できます。

ledger_acceptメソッドは、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
  "id": "Accept my ledger!",
  "command": "ledger_accept"
}
#Syntax: ledger_accept
rippled ledger_accept

この要求はパラメーターを受け入れません。

応答フォーマット

処理が成功した応答の例:

{
 "id": "Accept my ledger!",
 "status": "success",
 "type": "response",
 "result": {
   "ledger_current_index": 6643240
 }
}

応答は標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果に次のフィールドが含まれます。

Field 説明
ledger_current_index 符号なし整数 新規に作成される「現行」レジャーのシーケンス番号

注記: レジャーを閉鎖すると、rippledがそのレジャーのトランザクションの正規順序を決定してリプレイします。これにより、以前に現行レジャーに暫定的に適用されていたトランザクションの結果が変化することがあります。

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • notStandAlone - rippledサーバーが現在スタンドアロンモードで実行されていない場合。