システム要件

推奨される仕様

企業の本番環境で最良のパフォーマンスを実現するため、以下の仕様のベアメタルでrippledを実行することが推奨されています。

  • オペレーティングシステム: Ubuntu (LTF) 、CentOS または RedHat Enterprise Linux (最新版)
  • CPU: Intel Xeon 3GHz以上のプロセッサー、8コア以上、ハイパースレッディング有効
  • ディスク: SSD / NVMe(10,000 IOPS以上)
  • RAM: 64GB
  • ネットワーク: ホスト上にギガビットネットワークインターフェイスを備える企業データセンターネットワーク

最小仕様

テスト目的やたまにしか使わない場合は、一般的なハードウェア上でXRP Ledgerサーバーを稼働させることができます。以下の最低要件を満たせば、ほとんどの場合は動作しますが、必ずしもネットワークと同期しているとは限りません。

  • オペレーティングシステム: Mac OS X、Windows(64ビット)、またはほとんどのLinuxディストリビューション(Red Hat、 Ubuntu、 Debianをサポート)
  • CPU: 64ビット x86_64、4コア以上
  • ディスク: データベースパーティション用に最低50GB。SSDを強く推奨(最低でも1000IOPS、それよりも多いことが望ましい)
  • RAM: 16GB以上

作業負荷によっては、Amazon EC2のm3.large VMサイズが適切な場合があります。高速のネットワーク接続が望ましいです。サーバーのクライアント処理負荷が増加すると、必要なリソースも増加します。

システム時刻

rippledサーバーは、正確な時刻が維持されていることを前提としています。ntpdchronyなどのデーモンで、ネットワークタイムプロトコル(NTP)を使用してシステムの時刻を同期することを推奨します。

関連項目