システム要件

最小仕様

ネットワークに参加するための費用を抑えるため、rippledサーバーは一般製品のハードウェア上で快適に実行できる必要があります。Rippleでは、現時点で以下の最小要件を推奨します。

  • オペレーティングシステム:
    • 本番環境: CentOSまたはRedHat Enterprise Linux(最新リリース)、またはUbuntu (16.04以降)をサポート
    • 開発環境: Mac OS X、Windows(64ビット)、またはほとんどのLinuxディストリビューション
  • CPU: 64ビットx86_64、2つ以上のコア
  • ディスク: データベースパーティション用に最低50GB。SSDを強く推奨(最低でも1000IOPS、それよりも多いことが望ましい)
  • RAM: 8GB以上

作業負荷によっては、Amazon EC2のm3.large VMサイズが適切な場合があります。高速のネットワーク接続が望ましいです。サーバーのクライアント処理負荷が増加すると、必要なリソースも増加します。

推奨される仕様

企業の本番環境で最良のパフォーマンスを実現するため、Rippleでは、以下の仕様のベアメタルでrippledを実行することを推奨しています。

  • オペレーティングシステム: Ubuntu 16.04以上
  • CPU: Intel Xeon 3以上、GHzプロセッサー、4コア、ハイパースレッディング有効
  • ディスク: SSD(7000回以上の書き込み/秒、10,000回以上の読み取り/秒)
  • RAM:
    • テスト用: 8GB以上
    • 本番環境用: 32GB
  • ネットワーク: ホスト上にギガビットネットワークインターフェイスを備える企業データセンターネットワーク

関連項目

実稼働向けの推奨仕様および計画について詳しくは、容量の計画を参照してください。