validation_create

[ソース]

validation_createコマンドキーを使用して、rippledサーバーがネットワークに対して自身の身元を識別させるのに使用できる暗号鍵を生成します。wallet_proposeメソッドと同様に、このメソッドでは適切なフォーマットで一連のキーが単に生成されるだけです。XRP Ledgerのデータやサーバー構成は変更されません。

validation_createメソッドは、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

サーバーを設定することにより、生成されたキーペアを検証の署名(検証キーペア)に使用するか、または通常のピアツーピア通信の署名(ノードキーペア)に使用するかを指定できます。

ヒント: 堅牢なバリデータを設定するには、validator-keysツール(rippled RPMに付属)を使用してバリデータトークン(ローテーション可能)とオフラインマスターキーを生成してください。詳細は、rippledサーバーで検証を有効化を参照してください。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
   "id": 0,
   "command": "validation_create",
   "secret": "BAWL MAN JADE MOON DOVE GEM SON NOW HAD ADEN GLOW TIRE"
}
{
   "method": "validation_create",
   "params": [
       {
           "secret": "BAWL MAN JADE MOON DOVE GEM SON NOW HAD ADEN GLOW TIRE"
       }
   ]
}
#Syntax: validation_create [secret]
rippled validation_create "BAWL MAN JADE MOON DOVE GEM SON NOW HAD ADEN GLOW TIRE"

要求には以下のパラメーターが含まれます。

Field 説明
secret 文字列 (省略可) クレデンシャルを生成するときにこの値をシードとして使用します。同じシークレットを使用すると常に同じクレデンシャルが生成されます。シードはRFC-1751 フォーマットまたはXRP Ledgerのbase58フォーマットで指定できます。省略すると、ランダムシードが生成されます。

注記: バリデータのセキュリティは、シードのエントロピーに応じて異なります。シークレット値が強力なランダム性のソースを使用して生成されている場合を除き、実際の事業目的のためにシークレット値を使用しないでください。新しいクレデンシャルを初めて生成するときにはsecretを省略することが推奨されます。

応答フォーマット

処理が成功した応答の例:

{
  "result" : {
     "status" : "success",
     "validation_key" : "FAWN JAVA JADE HEAL VARY HER REEL SHAW GAIL ARCH BEN IRMA",
     "validation_public_key" : "n9Mxf6qD4J55XeLSCEpqaePW4GjoCR5U1ZeGZGJUCNe3bQa4yQbG",
     "validation_seed" : "ssZkdwURFMBXenJPbrpE14b6noJSu"
  }
}
Loading: "/etc/rippled.cfg"
Connecting to 127.0.0.1:5005
{
  "result" : {
     "status" : "success",
     "validation_key" : "FAWN JAVA JADE HEAL VARY HER REEL SHAW GAIL ARCH BEN IRMA",
     "validation_public_key" : "n9Mxf6qD4J55XeLSCEpqaePW4GjoCR5U1ZeGZGJUCNe3bQa4yQbG",
     "validation_seed" : "ssZkdwURFMBXenJPbrpE14b6noJSu"
  }
}

この応答は標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果に次のフィールドが含まれています。

Field 説明
validation_key 文字列 これらの検証クレデンシャルのシークレットキー(RFC-1751 フォーマット)。
validation_public_key 文字列 これらの検証クレデンシャルの公開鍵(XRP Ledgerのbase58エンコード文字列フォーマット)。
validation_seed 文字列 これらの検証クレデンシャルのシークレットキー(XRP Ledgerのbase58エンコード文字列フォーマット)。

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • badSeed - 要求に無効なシード値が指定されていました。この場合は通常、シード値が異なるフォーマットの有効文字列(アカウントアドレス、検証の公開鍵など)である可能性があります。