XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

nft_history

[ソース]

nft_historyコマンドはクエリ対象のNFTの過去のトランザクションメタデータをClioサーバに問い合わせます。新規: Clio v1.1.0

注記 nft_historyはNFTに関連する成功したトランザクションのみを返します。

リクエストのフォーマット

リクエストのフォーマットの例:

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
{
  "id": 1,
  "command": "nft_history",
  "nft_id": "00080000B4F4AFC5FBCBD76873F18006173D2193467D3EE70000099B00000000"
}

試してみる >

リクエストには以下のパラメーターが含まれます。

Field説明
nft_id文字列非代替性トークン(NFT)の一意の識別子。
ledger_index_min整数(省略可) NFTを含む最も古いレジャーを指定します。値-1を指定すると、検証済みの最も古いレジャーのバージョンを使用するようにサーバに指示します。
ledger_index_max整数(省略可) NFTを含める最新のレジャーを指定します。値-1を指定すると、利用可能な最新の有効なレジャーのバージョンを使用するようにサーバに指示します。
ledger_hash文字列(省略可) 使用するレジャーのバージョンを示す20バイトの16進文字列。レジャーの指定をご覧ください)。
ledger_index文字列 または 符号なし整数(省略可) 使用するレジャーのレジャーインデックスあるいは、レジャーを自動的に選択するためのショートカット文字列。 ledger_indexclosedcurrentを指定しないでください。指定した場合、P2Pのrippledサーバにリクエストが転送されますが、nft_historyAPIはrippledでは利用できません。レジャーの指定をご覧ください)。
binary真偽値(省略可) デフォルトはfalsetrueに設定すると、トランザクションをJSONではなく16進数の文字列で返します。
forward真偽値(省略可) デフォルトはfalsetrueに設定すると、最も古いレジャーからインデックスを付けて返します。そうでない場合は、新しいレジャーからインデックスが付けられます。(結果の各ページは内部的には順序付けされていないかもしれませんが、ページ全体としては順序付けされています)。
limitUInt32(省略可) 取得するNFTの数を制限します。サーバはこの値を守る必要はありません。
markerマーカー以前のページ分割されたレスポンスの値。そのレスポンスが終了したところからデータの取得を再開します。サーバで使用可能なレジャーの範囲が変更された場合、この値は変化する可能性があります。"検証済み"レジャーを照会している場合、ページング中に新しいNFTが作成される可能性があります。

注記 レジャーのバージョンを指定しない場合、Clioは検証済みの最新のレジャーを使用します。

レスポンスのフォーマット

処理が成功したレスポンスの例:

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
{
  "id": 0,
  "type": "response",
  "result": {
    "ledger_index_min": 21377274,
    "ledger_index_max": 27876163,
    "transactions": [
      {
        "meta": {
          "AffectedNodes": [
            {
              "CreatedNode": {
                "LedgerEntryType": "NFTokenPage",
                "LedgerIndex": "97707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B5FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF",
                "NewFields": {
                  "NFTokens": [
                    {
                      "NFToken": {
                        "NFTokenID": "0008271097707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B50000099B00000000",
                        "URI": "697066733A2F2F62616679626569676479727A74357366703775646D37687537367568377932366E6634646675796C71616266336F636C67747179353566627A6469"
                      }
                    }
                  ]
                }
              }
            },
            {
              "ModifiedNode": {
                "FinalFields": {
                  "Account": "rNoj836fhDm1eXaHHefPKs7iDb4gwzS7nc",
                  "Balance": "999999988",
                  "Flags": 0,
                  "MintedNFTokens": 1,
                  "OwnerCount": 1,
                  "Sequence": 27876155
                },
                "LedgerEntryType": "AccountRoot",
                "LedgerIndex": "AC0A2AD29B67B5E6DA1C5DE696440F59BCD8DEA0A4CF7AFD683D1489AAB1ED24",
                "PreviousFields": {
                  "Balance": "1000000000",
                  "OwnerCount": 0,
                  "Sequence": 27876154
                },
                "PreviousTxnID": "B483F0F7100658380E42BCF1B15AD59B71C4082635AD53B78D08A5198BBB6939",
                "PreviousTxnLgrSeq": 27876154
              }
            }
          ],
          "TransactionIndex": 0,
          "TransactionResult": "tesSUCCESS"
        },
        "tx": {
          "Account": "rNoj836fhDm1eXaHHefPKs7iDb4gwzS7nc",
          "Fee": "12",
          "Flags": 8,
          "LastLedgerSequence": 27876176,
          "NFTokenTaxon": 0,
          "Sequence": 27876154,
          "SigningPubKey": "EDDC20C6791F9FB13AFDCE2C717BE8779DD451BB556243F1FDBAA3CD159D68A9F6",
          "TransactionType": "NFTokenMint",
          "TransferFee": 10000,
          "TxnSignature": "EF657AB47E86FDC112BA054D90587DFE64A61604D9EDABAA7B01B61B56433E3C2AC5BF5AD2E8F5D2A9EAC22778F289094AC383A3F172B2304157A533E0C79802",
          "URI": "697066733A2F2F62616679626569676479727A74357366703775646D37687537367568377932366E6634646675796C71616266336F636C67747179353566627A6469",
          "hash": "E0774E1B8628E397C6E88F67D4424E55E4C81324607B19318255310A6FBAA4A2",
          "ledger_index": 27876158,
          "date": 735167200
        },
        "validated": true
      }
    ],
    "nft_id": "0008271097707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B50000099B00000000",
    "validated": true
  },
  "warnings": [
    {
      "id": 2001,
      "message": "This is a clio server. clio only serves validated data. If you want to talk to rippled, include 'ledger_index':'current' in your request"
    }
  ]
}

binaryパラメータを true に設定すると、16進数文字列を使用したコンパクトなレスポンスを受け取ります。人間が読めるものではありませんが、より簡潔です。

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
{
  "id": 0,
  "type": "response",
  "result": {
    "ledger_index_min": 21377274,
    "ledger_index_max": 27876275,
    "transactions": [
      {
        "meta": "201C00000000F8E31100505697707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B5FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFE8FAEC5A0008271097707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B50000099B000000007542697066733A2F2F62616679626569676479727A74357366703775646D37687537367568377932366E6634646675796C71616266336F636C67747179353566627A6469E1F1E1E1E51100612501A95B3A55B483F0F7100658380E42BCF1B15AD59B71C4082635AD53B78D08A5198BBB693956AC0A2AD29B67B5E6DA1C5DE696440F59BCD8DEA0A4CF7AFD683D1489AAB1ED24E62401A95B3A2D0000000062400000003B9ACA00E1E722000000002401A95B3B2D00000001202B0000000162400000003B9AC9F4811497707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B5E1E1F1031000",
        "tx_blob": "12001914271022000000082401A95B3A201B01A95B50202A0000000068400000000000000C7321EDDC20C6791F9FB13AFDCE2C717BE8779DD451BB556243F1FDBAA3CD159D68A9F67440EF657AB47E86FDC112BA054D90587DFE64A61604D9EDABAA7B01B61B56433E3C2AC5BF5AD2E8F5D2A9EAC22778F289094AC383A3F172B2304157A533E0C798027542697066733A2F2F62616679626569676479727A74357366703775646D37687537367568377932366E6634646675796C71616266336F636C67747179353566627A6469811497707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B5",
        "ledger_index": 27876158,
        "date": 735167200,
        "validated": true
      }
    ],
    "nft_id": "0008271097707A94B298B50334C39FB46E245D4744C0F5B50000099B00000000",
    "validated": true
  },
  "warnings": [
    {
      "id": 2001,
      "message": "This is a clio server. clio only serves validated data. If you want to talk to rippled, include 'ledger_index':'current' in your request"
    }
  ]
}

このレスポンスは標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果に次のフィールドが含まれます。

Field説明
nft_id文字列非代替性トークン(NFT)の一意の識別子。
ledger_index_min整数 - レジャーインデックス実際にトランザクションを検索した最も古いレジャーのレジャーインデックス。
ledger_index_max整数 - レジャーインデックス実際にトランザクションを検索した最新のレジャーのレジャーインデックス。
limit整数リクエストで使われるlimitの値。(これはサーバによって強制される実際の値とは異なるかもしれません)。
markerマーカーレスポンスがページ分割されていることを示す、サーバ定義の値。この値を次の呼び出しに渡すと、この呼び出しが中断したところから再開します。
transactions配列以下に説明するように、リクエストの条件に一致するトランザクションの配列。
validated真偽値レスポンスに含まれ、trueに設定されている場合、このレスポンスの情報は検証済みのレジャーのバージョンに基づきます。falseの場合、情報は変更される可能性があります。

注記: 例えば、指定したバージョンが手元にない場合、サーバはリクエストで指定した値とは異なるledger_index_minledger_index_maxを返すことがあります。

各トランザクションオブジェクトは、JSONまたは16進文字列("binary":true)のどちらの形式でリクエストされたかに応じて、以下のフィールドを含みます。

Field説明
ledger_index整数このトランザクションを含むレジャーバージョンのレジャーインデックス
metaオブジェクト(JSON) または 文字列(バイナリ)binarytrueの場合、トランザクションメタデータの16文字列が格納されます。falseの場合は、トランザクションメタデータがJSON 形式で格納されます。
txオブジェクト(JSONのみ) トランザクションを定義するJSONオブジェクト
tx_blob文字列(Binaryのみ) トランザクションを表す一意のハッシュ化された文字列。
validated真偽値トランザクションが検証済みレジャーに含まれているかどうか。まだ有効なレジャーに含まれていないトランザクションは、変更される可能性があります。

txオブジェクトで返されるフィールドの定義については、トランザクションメタデータをご覧ください。

考えられるエラー

  • いずれかの汎用エラータイプ
  • invalidParams - 1つ以上のフィールドの指定が正しくないか、1つ以上の必須フィールドが指定されていません。
  • actMalformed - リクエストのaccountフィールドに指定したアドレスが、正しいフォーマットではありません。
  • lgrIdxMalformed - ledger_index_minまたはledger_index_maxで指定されたレジャーが存在しないか、存在してもサーバに保存されていません。
  • lgrIdxsInvalid - リクエストがledger_index_minよりも前のledger_index_maxを指定しているか、サーバがネットワークと同期していないために有効なレジャー範囲を持っていません。