XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

nft_info

[ソース]

nft_infoコマンドはクエリ対象のNFTに関する情報をClioサーバに問い合わせます。新規: Clio v1.1.0

リクエストのフォーマット

リクエストのフォーマットの例:

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
{
  "id": 1,
  "command": "nft_info",
  "nft_id": "00080000B4F4AFC5FBCBD76873F18006173D2193467D3EE70000099B00000000"
}

試してみる >

リクエストには以下のパラメーターが含まれます。

Field説明
nft_id文字列非代替性トークン(NFT)の一意の識別子。
ledger_hash文字列(省略可) 使用するレジャーのバージョンを示す20バイトの16進文字列。レジャーの指定をご覧ください)。
ledger_index文字列 または 符号なし整数(省略可) 使用するレジャーのレジャーインデックスあるいは、レジャーを自動的に選択するためのショートカット文字列。ledger_indexclosedcurrentを指定しないでください。指定した場合、P2Pのrippledサーバにリクエストが転送されますが、nft_infoAPIはrippledでは利用できません。レジャーの指定をご覧ください)。

レジャーのバージョンを指定しない場合、Clioは検証済みの最新のレジャーを使用します。

レスポンスのフォーマット

処理が成功したレスポンスの例:

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
{
  "id": 1,
  "result": {
    "nft_id": "00080000B4F4AFC5FBCBD76873F18006173D2193467D3EE70000099B00000000",
    "ledger_index": 270,
    "owner": "rG9gdNygQ6npA9JvDFWBoeXbiUcTYJnEnk",
    "is_burned": true,
    "flags": 8,
    "transfer_fee": 0,
    "issuer": "rHVokeuSnjPjz718qdb47bGXBBHNMP3KDQ",
    "nft_taxon": 0,
    "nft_sequence": 0,
    "validated": true
  },
  "status": "success",
  "type": "response",
  "warnings": [
    {
      "id": 2001,
      "message": "This is a clio server. clio only serves validated data. If you want to talk to rippled, include ledger_index:current in your request"
    },
    {
      "id": 2002,
      "message": "This server may be out of date"
    }
  ]
}

レスポンスは標準フォーマット に従い、成功すると以下のフィールドをいくつか並べたnft_infoレスポンスオブジェクトが返されます。

Field説明
nft_id文字列非代替性トークン(NFT)の一意の識別子。
ledger_index整数NFT がミント(作成)された、所有者が変わった(取引された)、バーンされた(破棄された)など、このNFTの状態が変更された最新のレジャーバージョンのレジャーインデックス。返される情報には、リクエストされたレジャーと比較して直近に起こったことが含まれます。
owner文字列このレジャーインデックスにおけるこのNFTの所有者のアカウントID。
is_burned真偽値NFTがこのレジャーでバーンされていればtrueを、そうでなければfalseを返します。
flags 整数このNFTのフラグ
transfer_fee整数このNFTの送金手数料。送金手数料の詳細については、NFTokenMintのフィールドをご覧ください。
issuer文字列このNFTの発行者を示すアカウントID。
nft_taxon整数このNFTのTaxon。
nft_sequence整数このNFTのシーケンス番号.
uri文字列このNFTのURI。NFTがURIを持っていない場合、空の文字列を返します。 更新: Clio v2.0.0

考えられるエラー