UbuntuまたはDebian Linuxへのインストール

このページでは、apt ユーティリティを使用して、Ubuntu Linux 16.04以降またはDebian 9(Stretch)rippledの安定した最新バージョンをインストールする場合の推奨手順を説明します。

以下の手順では、Rippleによってコンパイルされたバイナリーをインストールします。

前提条件

rippledをインストールする前に、システム要件を満たす必要があります。

インストール手順

  1. リポジトリを更新します。

    $ sudo apt -y update
    
  2. ユーティリティをインストールします。

    $ sudo apt -y install apt-transport-https ca-certificates wget gnupg
    
  3. Rippleのパッケージ署名用のGPGキーを、信頼できるキーのリストに追加します。

    $ wget -q -O - "https://repos.ripple.com/repos/api/gpg/key/public" | \
      sudo apt-key add -
    
  4. 追加したキーのフィンガープリントを確認します。

    $ apt-key finger
    

出力に、次のようなRipple用のエントリーが含まれています。

    pub   rsa3072 2019-02-14 [SC] [expires: 2021-02-13]
          C001 0EC2 05B3 5A33 10DC 90DE 395F 97FF CCAF D9A2
    uid           [ unknown] TechOps Team at Ripple <techops+rippled@ripple.com>
    sub   rsa3072 2019-02-14 [E] [expires: 2021-02-13]

特に、フィンガープリントが一致することを確認してください。(上記の例では、フィンガープリントは2行目のC001で始まる部分です。)

  1. 使用しているオペレーティングシステムのバージョンに対応する適切なRippleリポジトリを追加します。
    $ echo "deb https://repos.ripple.com/repos/rippled-deb bionic stable" | \
        sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/ripple.list
    

上記の例は、Ubuntu 18.04 Bionic Beaverに適切です。その他のオペレーティングシステムについては、bionicという単語を次のいずれかに置き換えます。

  • Ubuntu 16.04 Xenial Xerusの場合はxenial
  • Debian 9 Stretchの場合はstretch

rippledの開発バージョンまたはプレリリースバージョンにアクセスするには、stableではなく次のいずれかを使用します。

警告: 安定版ではないナイトリービルドはいつの時点でも壊れる可能性があります。これらのビルドを本番環境のサーバーに使用しないでください。

  1. Rippleリポジトリを取得します。

    $ sudo apt -y update
    
  2. rippledソフトウェアパッケージをインストールします。

    $ sudo apt -y install rippled
    
  3. rippledサービスのステータスをチェックします。

    $ systemctl status rippled.service
    

rippledサービスが自動的に開始します。開始しない場合は、手動で開始できます。

    $ sudo systemctl start rippled.service

起動時に自動で起動するようにするには、以下の手順に従います。

    $ sudo systemctl enable rippled.service

次のステップ

rippledが残りのネットワークと同期されるまでには数分かかることがあります。その間、レジャーがない旨を知らせる警告が出力されます。

rippledログメッセージの詳細は、ログメッセージについてを参照してください。

rippledが残りのネットワークと同期されたら、ストックrippledサーバーが完全に機能するようになります。このサーバーを、ローカル署名やXRP LedgerへのAPIアクセスに使用できます。rippledサーバーがネットワークと同期されているかどうかを判別するには、rippledサーバーの状況を使用します。rippledのコマンドラインインターフェイスを使用すれば、これを迅速にテストできます。

$ /opt/ripple/bin/rippled server_info

rippled APIを使用したrippledサーバーとの通信について詳しくは、rippled API referenceを参照してください。

ストックrippledサーバーを実行できたら、次に検証サーバーとして実行してみましょう。検証サーバーについて、そして検証サーバーを実行する理由については、バリデータとしてのrippledの実行を参照してください。

rippledサーバーの起動でお困りですか? rippledサーバーが起動しないを参照してください。

その他の構成

rippledは、デフォルト構成でXRP Ledgerに接続する必要があります。ただし、rippled.cfgファイルを編集すれば、設定を変更できます。推奨される構成設定については、容量の計画を参照してください。

The recommended installation uses the config file /etc/opt/ripple/rippled.cfg by default. Other places you can put a config file include $HOME/.config/ripple/rippled.cfg (where $HOME is the home directory of the user running rippled), $HOME/.local/ripple/rippled.cfg, or the current working directory from where you start rippled.

すべての構成オプションの説明については、rippled GitHubリポジトリー を参照してください。

構成の変更を有効にするには、rippledを再起動する必要があります。

[debug_logfile]セクションまたは[database_path]セクションを変更すると、rippledを実行するユーザーに、新しく構成したパスの所有権を付与する必要が生じる場合があります。

更新

rippledを定期的に更新して、残りのXRP Ledgerネットワークと同期させておく必要があります。rippledのGoogleグループ をサブスクライブすれば、rippledの新しいリリースに関する通知を受け取ることができます。

rippledのパッケージには、Linuxでの自動更新を有効にするために使用できるスクリプトが含まれています。その他のプラットフォームでは、手動での更新が必要です。

関連項目