ledger_cleaner

[ソース]

ledger_cleanerコマンドはレジャークリーナー を制御します。レジャークリーナーは、rippledのレジャーデータベースの破損を検出して修復できる非同期メンテナンスプロセスです。

ledger_cleanerメソッドは、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
   "command": "ledger_cleaner",
   "max_ledger": 13818756,
   "min_ledger": 13818000,
   "stop": false
}

要求には以下のパラメーターが含まれます。

Field 説明
ledger 数値(レジャーシーケンス番号) (省略可) 指定されている場合は、このレジャーのみをチェックして訂正します。
max_ledger 数値(レジャーシーケンス番号) (省略可) シーケンス番号がこの番号以下のレジャーをチェックするようにレジャークリーナーを設定します。
min_ledger 数値(レジャーシーケンス番号) (省略可) シーケンス番号がこの番号以上のレジャーをチェックするようにレジャークリーナーを設定します。
full ブール値 (省略可) trueの場合は、指定されたレジャーのレジャー状態オブジェクトとトランザクションを修正します。デフォルトではfalseです。ledgerが指定されている場合は、自動的にtrueに設定されます。
fix_txns ブール値 (省略可) trueの場合は、指定されたレジャーのトランザクションを修正します。指定されている場合はfullをオーバーライドします。
check_nodes ブール値 (省略可) trueの場合は、指定されているレジャーのレジャー状態オブジェクトを修正します。指定されている場合はfullをオーバーライドします。
stop ブール値 (省略可) trueの場合は、レジャークリーナーを無効にします。

応答フォーマット

処理が成功した応答の例:

200 OK
{
  "result" : {
     "message" : "Cleaner configured",
     "status" : "success"
  }
}

この応答は標準フォーマットに従っており、正常に完了した場合は結果に次のフィールドが含まれています。

Field 説明
message 文字列 Cleaner configured : 正常終了の場合。

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • internal : いずれかのパラメーターが正しく指定されていない場合。(これはバグです。本来のエラーコードはinvalidParamsです。)