log_level

[ソース]

log_levelコマンドはrippledサーバーのログ詳細レベルを変更するか、各ログメッセージカテゴリー(パーティション)の現在のログレベルを返します。

log_levelメソッドは、権限のないユーザーは実行できない管理メソッドです。

要求フォーマット

要求フォーマットの例:

{
   "id": "ll1",
   "command": "log_level",
   "severity": "debug",
   "partition": "PathRequest"
}
#Syntax: log_level [[partition] severity]
rippled log_level PathRequest debug

要求には以下のパラメーターが含まれます。

Field 説明
severity 文字列 (省略可) 設定するログの詳細レベル。以下に、有効な値を詳細レベルの低いものから順に示します。fatalerrorwarninfodebug、およびtrace。省略すると、すべてのカテゴリーの現在のログ詳細レベルが返されます。
partition 文字列 (省略可)severityが指定されていない場合は無視されます。変更するログカテゴリー。省略されている場合、またはbaseの値が指定されている場合は、すべてのカテゴリーのログレベルを設定します。

応答フォーマット

成功した場合の応答例:

Loading: "/etc/rippled.cfg"
Connecting to 127.0.0.1:5005
{
  "result" : {
     "status" : "success"
  }
}
Loading: "/etc/rippled.cfg"
Connecting to 127.0.0.1:5005
{
  "result" : {
     "levels" : {
        "AmendmentTable" : "Error",
        "Application" : "Error",
        "CancelOffer" : "Error",
        "Collector" : "Error",
        "CreateOffer" : "Error",
        "DeferredCredits" : "Error",
        "FeeVote" : "Error",
        "InboundLedger" : "Error",
        "JobQueue" : "Error",
        "Ledger" : "Error",
        "LedgerCleaner" : "Error",
        "LedgerConsensus" : "Error",
        "LedgerEntrySet" : "Error",
        "LedgerMaster" : "Error",
        "LedgerTiming" : "Error",
        "LoadManager" : "Error",
        "LoadMonitor" : "Error",
        "NetworkOPs" : "Error",
        "NodeObject" : "Error",
        "OrderBookDB" : "Error",
        "Overlay" : "Error",
        "PathRequest" : "Debug",
        "Payment" : "Error",
        "Peer" : "Error",
        "PeerFinder" : "Error",
        "Protocol" : "Error",
        "RPC" : "Error",
        "RPCErr" : "Error",
        "RPCHandler" : "Error",
        "RPCManager" : "Error",
        "Resolver" : "Error",
        "Resource" : "Error",
        "RippleCalc" : "Error",
        "SHAMap" : "Error",
        "SHAMapStore" : "Error",
        "SNTPClient" : "Error",
        "STAmount" : "Error",
        "SerializedLedger" : "Error",
        "Server" : "Error",
        "SetAccount" : "Error",
        "SetTrust" : "Error",
        "TaggedCache" : "Error",
        "TransactionAcquire" : "Error",
        "TransactionEngine" : "Error",
        "UVL" : "Error",
        "UniqueNodeList" : "Error",
        "Validations" : "Error",
        "WALCheckpointer" : "Error",
        "WebSocket" : "Trace",
        "base" : "Error"
     },
     "status" : "success"
  }
}

応答は標準フォーマットに従っています。応答フォーマットは、要求にseverityが指定されているかどうかに応じて異なります。指定されていた場合はログレベルが変更され、成功した場合の結果には追加フィールドが含まれません。

それ以外の場合、要求には以下のフィールドが含まれます。

Field 説明
level オブジェクト 各カテゴリーの現在のログレベル。このカテゴリーリストは、今後のリリースで予告なく変更される場合があります。このコマンドに対する要求で、フィールド名をpartitionの値として使用できます。

考えられるエラー

  • 汎用エラータイプのすべて。
  • invalidParams - 1つ以上のフィールドの指定が正しくないか、1つ以上の必須フィールドが指定されていません。