CentOS/Red Hatでの手動更新

このページでは、CentOSまたはRed Hat Enterprise Linuxで最新リリースのrippledに手動で更新する手順を説明します。可能であれば手動更新ではなく自動更新を設定することが推奨されます。

以下の手順は、rippledがすでにyumリポジトリからインストールされていることを前提としています。

ヒント: これらの手順をすべて一度に実行するには、rippledパッケージに含まれている/opt/ripple/bin/update-rippled.shスクリプトを実行します。このスクリプトはsudoユーザーとして実行する必要があります。

手動で更新するには、以下の手順を実行します。

  1. 最新のrippledパッケージをダウンロードしてインストールします。

    $ sudo yum update rippled
    
  2. systemdユニットファイルを再度読み込みます。

    $ sudo systemctl daemon-reload
    
  3. rippledサービスを再起動します。

    $ sudo service rippled restart
    

関連項目