XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

ステーブルコイン発行者の設定

トークンの発行を始める前に、XRP Ledgerアカウントで設定する必要がある項目がいくつかあります。これらの設定の例については、代替可能トークンの発行をご覧ください。

設定すべき項目は以下の通りです。

設定備考
Default Ripple発行者は、このフィールドを必ず有効にする必要があります。
Deposit Authorization明示的に承認していないユーザからの入金をすべてブロックします。
Require Authトークンの保持を、明示的に承認したユーザに限定します。
Tick Size分散型取引所の取引所為替レートを四捨五入して、より迅速な価格決定を可能にします。
Transfer Feeユーザ同士がトークンを送信する際に、一定割合の手数料を徴収します。

Default Ripple

Default Rippleフラグは、トラストラインの残高をデフォルトでRipplingを許可するかどうかを制御します。Ripplingは顧客同士のトークンの送信や取引を可能にするものなので、発行者はその発行アドレスへのすべてのトラストラインでのRipplingを許可しなければなりません(MUST)。

顧客に発行アドレスへのトラストラインの作成を依頼する前に、発行者はそのアドレスのDefault Rippleフラグを有効にする必要があります。そうでない場合、発行者は、他のアドレスが作成した各トラストラインのNo Rippleフラグを個別に無効化する必要があります。

運用ウォレットやスタンバイウォレットなど、他のアドレスではDefault Rippleフラグを有効にすべきではありません。

Deposit Authorization

Deposit Authorizationの設定は、以下のいずれかを行わない限り、アカウントへのすべての入金をブロックします。

  • 事前に送信者を認可している。
  • 資金を受け取るためにトランザクションを送信します。例えば、他人が作成したエスクローを終了させるなど。

Deposit Authorizationは、不要なXRPの支払いをブロックするのに最も有効です。なぜなら、発行元へのトラストラインを作成しない限り、既にトークンを受け取ることはできないからです。しかし、ステーブルコインの発行者としては、ステーブルコインをレジャー外の価値と交換するために、ユーザからの支払いを受け取ることができる必要があります。顧客を事前認可することはできますが、そうすると、顧客それぞれのアドレスについてレジャーにオブジェクトを格納する必要があり、準備金が大幅に増加します。

したがって、未知または制裁を受けたエンティティからお金を受け取ることに関する規制要件を満たすために必要でない限り、Deposit Authorizationはステーブルコインの発行者に推奨されません。

より詳細な情報はDeposit Authorizationをご覧ください。

Disallow Incoming Trust Line

Disallow Incoming Trust Lineの設定は、他のユーザがアドレスにトラストラインを開くことを防ぎます。予防措置として、運用アドレスと待機アドレスでこの設定を有効にすることで、誤ってこれらのアカウントからトークンを発行できないようにします。発行アドレスではこの設定を有効にしないでください。

この設定を有効にするには、AccountSetトランザクション"SetFlag": 15 (asfDisallowIncomingTrustline)を設定します。

Disallow XRP

Disallow XRPの設定は、XRP Ledgerのユーザが誤ってXRPをアドレスに送信することを阻止するために設計されています。これは、XRPの受信と保持を意図していないアドレスからの不必要な返金コストと労力を削減するものです。なぜなら、そうすることでアドレスがXRPを誤って送金した場合に返金されずにXRPを失う可能性があるからです。クライアントアプリケーションは、デフォルトでDisallow XRPフラグを尊重すべきですが、ユーザがそれを無視することを許可する場合もあります。

DisallowXRPフラグは任意ですが、もしあなたが顧客からXRPを受け取るつもりがないのであれば、発行アドレスとすべての運用アドレスでこのフラグを有効にしておくとよいでしょう。

Require Auth

Require Authの設定は、事前にトラストラインを明示的に承認しない限り、発行したトークンをユーザが保持することをブロックします。XRP Ledger内で誰があなたのトークンを保持するかが重要である場合、規制要件を満たすためにこの設定を使用することができます。しかし、この設定は、ユーザへの承認がトークンを使用するためのボトルネックとなるため、トークンの利便性を低下させる可能性があります。

また、トラストラインを認可するたびに発行アドレスを使用する必要があります。多くのトラストラインを認可する必要がある場合、発行アドレスを頻繁に使用することになるため、発行アドレスのセキュリティが損なわれる可能性があります。(発行アドレスの使用頻度が少ない場合は、秘密鍵の保護を強化することができます。使用頻度が高ければ高いほど、その保護は大きな負担となります)。

詳しくは認可トラストラインをご覧ください。

Tick Size

Tick Sizeは、分散型取引所で為替レートを計算する際に使用する小数点以下の桁数を制御する設定です。Tick Sizeを大きくすると、より精度が高くなり、さまざまな取引の金額で丸め込みが少なくなります。取引は主に取引レートに基づいてランク付けされるため、トレーダーがリストの上位にわずかな金額を提供することができるため、精度が高すぎると不都合になることがあります。Tick Sizeを小さくすると、オークションの最低入札額と同じような効果があり、無関係な小額を徐々に入札する時間と労力が省けます。しかし、Tick Sizeを小さくすると四捨五入が多くなり、取引コストが高くなります。また、四捨五入前は完全に一致するように見えた2つのオファーが、四捨五入後は一致しなくなるという意外な結果になることもあります。

Tick Sizeはアカウントレベルの設定であり、同じアドレスで発行されたすべてのトークンに適用されます。

Tick Sizeは取引レートの精度を制御するだけで、トークン自体の精度を制御するものではありません。ユーザは、トークンの発行者が設定したTick Sizeに関係なく、非常に大きな金額や非常に小さな金額を送ったり保有したりすることができます。

詳しくはTick Sizeをご覧ください。

Transfer Fees

Transfer Feesは、ユーザ同士がトークンを送金する際に、一定割合の手数料を請求するものです。送金手数料は、トークンを発行したり、発行アドレスで直接トークンを交換したりする場合には適用されません。(ユーザが発行アドレスに送金するときには適用されません。)同じアドレスから複数のトークンを発行する場合、すべてのトークンに対して同じ送金手数料が適用されます。

ユーザが送金手数料が設定されたトークンを送信すると、送信側から送金先金額に加えて送金手数料の金額が引き落とされますが、受信側には送金先金額のみが入金されます。手数料の金額はXRP Ledgerから「消える」のです。ステーブルコインの発行者としては、XRP Ledgerの外にある準備金にそれだけ自己資本が増える、言い換えれば、ユーザが送金手数料を支払うたびに担保として持っておく必要がある金額が減少することを意味します。

プロトコルレベルでは、送金手数料はアカウント設定のTransferRateで定義され、これは10億から20億までの整数で指定されます。

詳しくは送金手数料をご覧ください。

運用アドレスと待機アドレスによる送金手数料

運用アドレスや待機アドレスを含むすべてのXRP Ledgerアドレスは、トークンを送信する際に発行者の送金手数料がかかります。送金手数料をゼロ以外に設定した場合、運用アドレスや待機アドレスから支払いを行う際に、(送金手数料を支払うために)余分に送金しなければなりません。つまり、これらのアドレスは、支払いを行うたびに、あなたの発行アドレスが作った残高を少し返金する必要があります。

トランザクションパラメータSendMaxを送信先のAmountパラメータよりもTransferRate設定に基づく割合で高く設定します。

注記: 発行アドレスから、または発行アドレスへ直接トークンを送信する場合、送金手数料は適用されません。発行アドレスは、常にそのトークンをXRP Ledgerの額面価格で受け入れなければなりません。つまり、顧客が発行アドレスに直接支払いを送る場合は送金手数料を支払う必要はありませんが、運用アドレスに送る場合は支払う必要があります。両方のアドレスで支払いを受け付ける場合、顧客が運用アドレスに支払いを送る際に、顧客が支払う送金手数料を補うために、記録システムで顧客に入金する金額を調整する必要がある場合があります。

例えば、次のようなものです。ACMEが送金手数料を1%に設定した場合、顧客のアドレスからACMEの発行アドレスに5 EUR.ACMEを届けるためのXRP Ledger支払いは、ちょうど5 EUR.ACMEの費用がかかります。しかし、顧客は5 EUR.ACMEをACMEの運用アドレスに届けるために、5.05 EUR.ACMEを送る必要があります。ACMEの運用アドレスへの支払いを顧客に入金する際、ACMEは運用アドレスに届けられた金額と送金手数料を顧客に入金し、顧客はACMEのシステムで5.05ユーロを受け取ることができます。