FeeSettings

[ソース]

FeeSettingsオブジェク トタイプには、現在の基本トランザクションコストと、手数料投票により決定する準備金の額が含まれています。各レジャーバージョンには最大で1つの FeeSettingsオブジェクトが含まれています。

FeeSettings JSONの例

FeeSettingsオブジェクトの例。

{
  "BaseFee": "000000000000000A",
  "Flags": 0,
  "LedgerEntryType": "FeeSettings",
  "ReferenceFeeUnits": 10,
  "ReserveBase": 20000000,
  "ReserveIncrement": 5000000,
  "index": "4BC50C9B0D8515D3EAAE1E74B29A95804346C491EE1A95BF25E4AAB854A6A651"
}

FeeSettingsフィールド

FeeSettingsオブジェクトのフィールドは次のとおりです。

名前 JSONの型 内部の型 説明
LedgerEntryType 文字列 UInt16 0x0073が文字列FeeSettingsにマッピングされている場合は、このオブジェクトにレジャーの手数料設定が含まれていることを示します。
BaseFee 文字列 UInt64 「リファレンストランザクション」のトランザクションコスト(XRPのdrop数、16進数)
ReferenceFeeUnits 数値 UInt32 「手数料単位」に変換されたBaseFee
ReserveBase 数値 UInt32 XRP Ledgerのアカウントの基本準備金(XRPのdrop数)。
ReserveIncrement 数値 UInt32 所有するオブジェクトごとに増加する所有者準備金(XRPのdrop数)。
Flags 数値 UInt32 このオブジェクトのブールフラグのビットマップ。このタイプではフラグは定義されていません。

警告:* このレジャーオブジェクトのJSONフォーマットは一般的ではありません。BaseFeeReserveBase、およびReserveIncrementはXRPのdrop数を示しますが、通常のXRP指定フォーマットではありません*** 。

FeeSettings IDのフォーマット

FeeSettingsオブジェクトIDは、FeeSettingsスペースキー(0x0065)のハッシュのみです。つまり、レジャーのFeeSettingsオブジェクトのIDは常に次の値になります。

4BC50C9B0D8515D3EAAE1E74B29A95804346C491EE1A95BF25E4AAB854A6A651