Ticket

[ソース]

(TicketBatch amendmentが必要です)

Ticketオブジェクトタイプは、将来の使用のために確保されたアカウントシーケンス番号を追跡するTicketを表します。[TicketCreate トランザクション][]で新しいチケットを作成することができます。New in: rippled 1.7.0 .

Ticket JSONの例

{
  "Account" : "rEhxGqkqPPSxQ3P25J66ft5TwpzV14k2de",
  "Flags" : 0,
  "LedgerEntryType" : "Ticket",
  "OwnerNode" : "0000000000000000",
  "PreviousTxnID" : "F19AD4577212D3BEACA0F75FE1BA1644F2E854D46E8D62E9C95D18E9708CBFB1",
  "PreviousTxnLgrSeq" : 4,
  "TicketSequence" : 3
}

Ticketフィールド

Ticketオブジェクトのフィールドは次のとおりです。

フィールド JSONの型 内部の型 説明     
LedgerEntryType 文字列 UInt16 文字列 Ticket にマッピングされた値 0x0054 は、このオブジェクトが Ticket オブジェクトであることを示しています。
Account 文字列 AccountID このチケットを所有するアカウントです。
Flags Number UInt32 ブール値フラグのビットマップ。Ticketにはフラグが定義されていないため、この値は常に0です。
OwnerNode 文字列 UInt64 送金元の所有者ディレクトリが複数ページで構成されている場合に、このオブジェクトにリンクしているページを示すヒントです。注記: このオブジェクトには、オブジェクトを含む所有者ディレクトリへの直接リンクは含まれていません。これは、その値をAccountから取得できるためです。
PreviousTxnID 文字列 Hash256 最後にこのオブジェクトを変更したトランザクションの識別用ハッシュ。
PreviousTxnLgrSeq 数値 UInt32 最後にこのオブジェクトを変更したトランザクションを含むレジャーインデックス
TicketSequence 数値 UInt32 本チケットが設定するシーケンス番号

Ticket IDのフォーマット

TicketオブジェクトのIDは、以下の値がこの順序で連結されているSHA-512ハーフです

  • Ticketスペースキー (0x0054)
  • チケットの所有者のアカウントID
  • チケットのTicketSequence