Offer

[ソース]

Offerオブジェクトタイプは、XRP Ledgerの分散型取引所での(従来は オーダー と呼ばれていた)通貨取引オファーを記述します。OfferCreateトランザクションは、レジャーにすでに含まれている他のオファーを消費することでは完全にオファーを実行できない場合に、レジャーにOfferオブジェクトを作成します。

オファーがレジャーに存在している間に、ネットワークの他のアクティビティによってオファーが資金化されないことがあります。ただしrippledではトランザクション処理において資金化されないオファーはすべて自動的に取り除かれます(レジャー状態を変更できるのはトランザクションだけであることから、これはトランザクション処理で のみ 行われます)。

詳細は、オファーを参照してください。

OfferのJSONの例

{
   "Account": "rBqb89MRQJnMPq8wTwEbtz4kvxrEDfcYvt",
   "BookDirectory": "ACC27DE91DBA86FC509069EAF4BC511D73128B780F2E54BF5E07A369E2446000",
   "BookNode": "0000000000000000",
   "Flags": 131072,
   "LedgerEntryType": "Offer",
   "OwnerNode": "0000000000000000",
   "PreviousTxnID": "F0AB71E777B2DA54B86231E19B82554EF1F8211F92ECA473121C655BFC5329BF",
   "PreviousTxnLgrSeq": 14524914,
   "Sequence": 866,
   "TakerGets": {
       "currency": "XAG",
       "issuer": "r9Dr5xwkeLegBeXq6ujinjSBLQzQ1zQGjH",
       "value": "37"
   },
   "TakerPays": "79550000000",
   "index": "96F76F27D8A327FC48753167EC04A46AA0E382E6F57F32FD12274144D00F1797"
}

Offerのフィールド

Offerオブジェクトのフィールドを次に示します。

名前 JSONの型 内部の型 説明
LedgerEntryType 文字列 UInt16 値が0x006F(文字列Offerにマッピング)の場合は、このオブジェクトが通貨取引オーダーを記述することを示します。
Flags 数値 UInt32 このオファーに対して有効になっているブール値フラグのビットマップ。
Account 文字列 AccountID このオファーを所有するアカウントのアドレス。
Sequence 数値 UInt32 Offerオブジェクトを作成したOfferCreateトランザクションのSequence 値。Accountとこのフィールドの組み合わせによってこのオファーが識別されます。
TakerPays 文字列またはオブジェクト Amount オファー作成者が要求する残額と通貨の種類。
TakerGets 文字列またはオブジェクト Amount オファー作成者が提供する残額と通貨の種類。
BookDirectory 文字列 Hash256 このオファーにリンクしているオファーディレクトリーのID。
BookNode 文字列 UInt64 オファーディレクトリーが複数ページで構成されている場合に、このオブジェクトにリンクしているページを示すヒントです。
OwnerNode 文字列 UInt64 所有者ディレクトリーが複数ページで構成されている場合に、このオブジェクトにリンクしているページを示すヒントです。注記: このオファーには、オファーを含む所有者ディレクトリーへの直接リンクは含まれていません。これは、その値をAccountから取得できるためです。
PreviousTxnID 文字列 Hash256 最後にこのオブジェクトを変更したトランザクションの識別用ハッシュ。
PreviousTxnLgrSeq 数値 UInt32 最後にこのオブジェクトを変更したトランザクションが記録されたレジャーインデックス
Expiration 数値 UInt32 (省略可)このオファーが資金化されなかったとみなされる時刻を示します。詳細は、時間の指定を参照してください。

Offerのフラグ

OfferCreateトランザクションでOfferオブジェクトを作成するときに有効化または無効化できる各種オプションがあります。レジャーではフラグはバイナリ値として表され、これらのバイナリ値はビットOR演算と組み合わせることができます。レジャーでのフラグのビット値は、トランザクションでこれらのフラグを有効または無効にするために使用する値とは異なります。レジャーのフラグには、 lsf で始まる名前が付いています。

Offer オブジェクトには以下のフラグ値を指定できます。

フラグ名 16進値 10進値 説明 対応するOfferCreateフラグ
lsfPassive 0x00010000 65536 オブジェクトはパッシブオファーとして配置されました。レジャー内のオブジェクトには影響しません。 tfPassive
lsfSell 0x00020000 131072 オブジェクトはセルオファーとして配置されました。レジャー内のオブジェクトへの影響はありません。これは、要求したレートよりも良いレートを得た場合にのみtfSellが関連するためです。この状況はオブジェクトがレジャーに記録された後では発生することはありません。 tfSell

オファーIDのフォーマット

OfferオブジェクトのIDは、以下の値がこの順序で連結されているSHA-512ハーフです。

  • Offerスペースキー(0x006F
  • オファーを行うアカウントのAccountID
  • オファーを作成したOfferCreateトランザクションのシーケンス番号。