tecコード

これらのコードは、トランザクションは失敗したものの、トランザクションコストを適用するために、このトランザクションがレジャーに適用されたことを示します。100から199までの数値が含まれています。数値ではなくテキストコードの使用が推奨されます。

ほとんどの場合、tecコード付きのトランザクションは、トランザクションコストとして支払われた分のXRPを消却する以外の操作は実行しませんが、いくつかの例外があります。例外として、tecOVERSIZEとなったトランザクションは、一部の資金供給のないオファーを引き続きクリーンアップします。トランザクションメタデータを常に確認し、トランザクションの実行内容を正確に把握してください。

注意: 暫定的にtecコードで失敗したトランザクションは、再適用後に成功するか、または別のコードで失敗する可能性があります。検証済みレジャーバージョンに記録される結果が最終結果となります。詳細は、結果のファイナリティー信頼性の高いトランザクション送信を参照してください。

コード 説明
tecCLAIM 100 不明なエラー。トランザクションコストは消却されました。
tecCRYPTOCONDITION_ERROR 146 このEscrowCreateトランザクションまたはEscrowFinishトランザクションに指定されるCrypto-conditionの形式が誤っているか、または一致しませんでした。
tecDIR_FULL 121 トランザクションがアカウントの所有者ディレクトリにオブジェクト(トラストライン、Check、Escrow、Payment Channelなど)を追加しようと試みましたが、このアカウントはレジャーにこれ以上のオブジェクトを所有できません。
tecDST_TAG_NEEDED 143 Paymentトランザクションの宛先タグが省略されましたが、支払先アカウントではlsfRequireDestTagフラグが有効になっています。新規: rippled 0.28.0
tecEXPIRED 148 トランザクションがオブジェクト(OfferやCheckなど)を作成しようとしましたが、そのオブジェクトで指定された有効期限がすでに経過しています。
tecFAILED_PROCESSING 105 トランザクションの処理中に不明なエラーが発生しました。
tecFROZEN 137 OfferCreateトランザクションが失敗しました。関係する1つまたは両方の資産がGlobal Freezeの対象となっています。
tecHAS_OBLIGATIONS 151 The AccountDelete transaction failed because the account to be deleted owns objects that cannot be deleted. See Deletion of Accounts for details.
tecINSUF_RESERVE_LINE 122 送信側アカウントに、新しいトラストラインを作成するのに十分なXRPがないため、トランザクションが失敗しました。(準備金を参照してください)このエラーは、取引相手から同一通貨の送信側アカウントへのトラストラインがデフォルト以外の状態である場合に発生します。(その他のケースについてはtecNO_LINE_INSUF_RESERVEを参照してください。)
tecINSUF_RESERVE_OFFER 123 送信側アカウントに、新しいオファーを作成するのに十分なXRPがないため、トランザクションが失敗しました。(準備金を参照してください。)
tecINSUFFICIENT_RESERVE 141 トランザクションによって必要準備金が増加し、送信側アカウントの残高を超える可能性があります。SignerListSetPaymentChannelCreatePaymentChannelFund、およびEscrowCreateからこのエラーコードが返されることがあります。詳細は、SignerListと準備金を参照してください。
tecINTERNAL 144 不明な内部エラーが発生し、トランザクションコストは適用されました。通常はこのエラーは返されません。このエラーを再現できる場合は、問題を報告 してください。
tecINVARIANT_FAILED 147 このトランザクションを実行しようとしたところ、不変性チェックが失敗しました。EnforceInvariants Amendmentが必要です。このエラーを再現できる場合は、問題を報告 してください。
tecNEED_MASTER_KEY 142 このトランザクションはマスターキーを必要とする変更(マスターキーの無効化または残高凍結能力の放棄など)を試みました。新規: rippled 0.28.0
tecNO_ALTERNATIVE_KEY 130 トランザクションが唯一のトランザクション承認メソッドを削除しようとしました。これは、レギュラーキーを削除するSetRegularKeyトランザクション、SignerListを削除するSignerListSetトランザクション、またはマスターキーを無効にするAccountSetトランザクションである可能性があります。(rippled 0.30.0より前のバージョンでは、このトランザクションはtecMASTER_DISABLEDと呼ばれていました。)
tecNO_AUTH 134 トランザクションはトラストラインの残高を、lsfRequireAuthフラグが有効になっているアカウントに追加する必要がありましたが、そのトラストラインが承認されていなかったため、失敗しました。トラストラインが存在しない場合は、代わりにtecNO_LINEが発生します。
tecNO_DST 124 トランザクションの受信側のアカウントが存在しません。これには、PaymentトランザクションタイプやTrustSetトランザクションタイプがあります。(XRPを十分に受信した場合に作成される可能性があります。)
tecNO_DST_INSUF_XRP 125 トランザクションの受信側のアカウントが存在しません。トランザクションは、アカウントの作成に十分なXRPを送金していません。
tecNO_ENTRY 140 将来の使用のために予約されています。
tecNO_ISSUER 133 通貨額のissuerフィールドに指定されたアカウントが存在しません。
tecKILLED 150 OfferCreateトランザクションがtfFillOrKillフラグを指定しましたが、トランザクションを確定できなかったため、このトランザクションは取り消されました。fix1578 Amendmentが必要です。)
tecNO_LINE 135 OfferCreateトランザクションTakerPaysフィールドに、lsfRequireAuthを有効にしているイシュアーの資産が指定されており、このオファーを行っているアカウントはその資産に関してトラストラインを確立していません。(通常、オファーを暗黙に行うと必要に応じてトラストラインが作成されますが、この場合は承認なしでは資産を保有できないので問題にはなりません。)トラストラインは存在しているが承認されていない場合は、代わりにtecNO_AUTHが発生します。
tecNO_LINE_INSUF_RESERVE 126 送信側アカウントに、新しいトラストラインを作成するのに十分なXRPがないため、トランザクションが失敗しました。(準備金を参照)このエラーは、取引相手がこのアカウントに対する同一通貨のトラストラインを持っていない場合に発生します。(その他のケースについてはtecINSUF_RESERVE_LINEを参照してください。)
tecNO_LINE_REDUNDANT 127 トランザクションはトラストラインをデフォルト状態に設定しようと試みましましたが、トラストラインが存在していなかったため、失敗しました。
tecNO_PERMISSION 139 送信者にはこの操作を実行する権限がありません。たとえばEscrowFinishトランザクションFinishAfter時刻に達する前に保留中の支払をリリースしようとしたか、送信者が所有していないChannelで誰かがPaymentChannelFundを使用しようとしたか、またはPaymentが「DepositAuth」フラグが有効になっているアカウントに資金の送金を試みました。
tecNO_REGULAR_KEY 131 AccountSetトランザクションがマスターキーを無効にしようとしましたが、アカウントにはマスターキー以外でトランザクションを承認する方法がありません。マルチ署名が有効な場合、このコードは廃止予定であり、代わりにtecNO_ALTERNATIVE_KEYが使用されます。
tecNO_TARGET 138 トランザクションが参照するEscrowレジャーオブジェクトまたはPayChannelレジャーオブジェクトが存在していません。これらのオブジェクトは、これまでに存在したことがないか、すでに削除されています。(たとえば、別のEscrowFinishトランザクションで保留中の支払がすでに実行されている場合などです。)あるいは、支払先アカウントでasfDisallowXRPが設定されているため、このアカウントはPaymentChannelCreateトランザクションまたはEscrowCreateトランザクションの宛先に指定できません。
tecOVERSIZE 145 サーバーがこのトランザクションの適用時に大量のメタデータを作成したため、このトランザクションを処理できませんでした。新規: rippled 0.29.0-hf1
tecOWNERS 132 トランザクションでは、トランザクションを送信するアカウントの「所有者カウント」はゼロ以外である必要があります。このためトランザクションを正常に完了できません。たとえば、トラストラインや使用可能なオファーがあるアカウントでは、lsfRequireAuthフラグを有効にできません。
tecPATH_DRY 128 トランザクションが失敗しました。指定されたパスに、送信の実行に十分な流動性がありませんでした。つまり、支払元アカウントと支払先アカウントはトラストラインにより関連付けされていません。
tecPATH_PARTIAL 101 トランザクションが失敗しました。指定されたパスに、全額を送金するのに十分な流動性がありませんでした。
tecTOO_SOON 152 The AccountDelete transaction failed because the account to be deleted had a Sequence number that is too high. The current ledger index must be at least 256 higher than the account's sequence number.
tecUNFUNDED 129 トランザクションが失敗しました。アカウントがトランザクションの支払額に十分なXRPを保有しておらず、 かつ このトランザクションを実行するのに追加で必要となる準備金が不足しています。(準備金を参照してください。)
tecUNFUNDED_ADD 102 廃止予定。
tecUNFUNDED_PAYMENT 104 送信側アカウントが準備金を考慮せずに、保有するXRPを超える額の送信を試みたため、トランザクションが失敗しました。(準備金を参照してください。)
tecUNFUNDED_OFFER 103 OfferCreateトランザクションが失敗しました。オファーの作成元アカウントにTakerGets 通貨がありません。