XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

回線圧縮の有効化

rippledサーバはピアツーピア通信を圧縮することで帯域幅を節約できますが、その代償としてCPU使用率が高くなります。回線圧縮を有効にすると、サーバは回線圧縮を有効にしているピアサーバとの通信を自動的に圧縮します。

手順

サーバで回線圧縮を有効にするには、以下の手順を実行します。

1. rippledサーバの設定ファイルを編集します。

$ vim /etc/opt/ripple/rippled.cfg

推奨インストールでは、デフォルトで/etc/opt/ripple/rippled.cfgという設定ファイルを使用します。その他の場所としては、$HOME/.config/ripple/rippled.cfg($HOMErippledを実行しているユーザのホームディレクトリです)、$HOME/.local/ripple/rippled.cfgまたはrippledを起動した現在の作業ディレクトリがあります。

2. 設定ファイルに[compression]を追加またはコメントアウトします。

圧縮を有効にするには

[compression]
true

圧縮を無効にするにはfalseを使用します(デフォルト)。

3. rippled サーバを再起動します。

$ sudo systemctl restart rippled.service

再起動後、サーバは回線圧縮を有効にしている他のピアとの間で自動的に回線圧縮を使用します。

関連項目