XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

特定のピアへの手動接続

サーバをXRP Ledgerネットワーク内の特定のピアに手動で接続するには、次の手順を実行します。

ヒント: サーバが起動時にこのサーバに自動的に接続して、以降も接続を維持するようにするには、そのピアに対してピアリザベーションを設定することができます。

前提条件

  • 接続先のピアのIPアドレスを把握しておく必要があります。
  • 接続先のピアがXRP Ledgerピアプロトコルに使用するポートを把握しておく必要があります。デフォルトでは、ポート51235です。
  • サーバからピアへのネットワーク接続を用意する必要があります。例えば、ピアサーバはファイアウォールを通じて適切なポートを転送する必要があります。
  • ピアサーバに使用可能なピアスロットがある必要があります。ピアがすでにピアの最大数に達している場合、ピアサーバのオペレーターに依頼して、サーバのピアリザベーションを追加してもらいます。

手順

接続するには、connectメソッドを使用します。例:

  1. WebSocket
  2. JSON-RPC
  3. コマンドライン
{
    "command": "connect",
    "ip": "169.54.2.151",
    "port": 51235
}

関連項目