XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

ピアの最大数の設定

rippledサーバには、接続先のピアの数を定める設定可能なソフト最大数があります。ピアのデフォルトの最大数は21です。

注記: 内部的に、サーバは受信ピアと送信ピアのおおよそのクォータを生成します。固定ピアやピアリザベーションを使用している場合、あるいはconnectメソッドを使用して追加のピアに手動で接続している場合は、このソフト最大数を超える可能性があります。

サーバが許可するピアの最大数を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. rippledの構成ファイルを編集します。

    $ vim /etc/opt/ripple/rippled.cfg
    

    推奨インストールでは、デフォルトで/etc/opt/ripple/rippled.cfgという設定ファイルを使用します。その他の場所としては、$HOME/.config/ripple/rippled.cfg($HOMErippledを実行しているユーザのホームディレクトリです)、$HOME/.local/ripple/rippled.cfgまたはrippledを起動した現在の作業ディレクトリがあります。

  2. 構成ファイルで、[peers_max]スタンザのコメントを解除して編集するか、まだない場合は追加します。

    [peers_max]
    30
    

    スタンザの内容は、許可するピアの合計数を示す整数のみである必要があります。デフォルトでは、サーバは受信ピアが約85%、送信ピアが約15%という比率を維持するように試みますが、送信ピアの最小数が10であるため、68未満の値にしても、サーバが行う送信ピア接続の数は増えません。

    [peers_max]値を10未満にした場合でも、サーバはハードコーディングされた最小数である10台の送信ピアを許可するため、ネットワークとの接続を維持できます。すべての送信ピア接続をブロックするには、サーバをプライベートピアとして設定します。

    注意: 接続先のピアサーバが増えると、rippledサーバが使用するネットワーク帯域幅も増えます。rippledサーバに良好なネットワーク接続があり、使用する帯域幅のコストを許容できる場合にのみ、ピアサーバの数に大きな値を設定してください。

  3. rippledサーバを再起動します。

    $ sudo systemctl restart rippled.service
    

関連項目