XRP Ledger Apex is back in Amsterdam

Register Now
Last updated
Edit

ピアクローラの設定

デフォルトでは、rippledサーバは、ピアクローラAPIを使ってリクエストしてきた人に統計を公開し、XRP Ledgerのピアツーピアネットワークの健全性と状況を追跡しやすくしています。より多くの情報を提供したり、より少ない情報を提供したり、あるいはピアクローラーのリクエストを完全に拒否するように、サーバを設定することができます。

このドキュメントには、2つのオプションについて説明しています。

ピアクローラが報告する情報の変更

ピアクローラからのリクエストに対してサーバが提供する情報量を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. rippledの設定ファイルを編集します。

    vim /etc/opt/ripple/rippled.cfg
    

    推奨インストールでは、デフォルトで/etc/opt/ripple/rippled.cfgという設定ファイルを使用します。その他の場所としては、$HOME/.config/ripple/rippled.cfg($HOMErippledを実行しているユーザのホームディレクトリです)、$HOME/.local/ripple/rippled.cfgまたはrippledを起動した現在の作業ディレクトリがあります。

  2. 設定ファイルに[crawl]を追加または更新し、変更を保存します。

    [crawl]
    overlay = 1
    server = 1
    counts = 0
    unl = 1
    

    このスタンザのフィールドは、サーバがpeer crawlerレスポンスで返すフィールドを制御します。設定フィールドの名前はAPIレスポンスのフィールドと一致します。値が1の設定は、レスポンスにそのフィールドを含めることを意味します。0`の値は、そのフィールドをレスポンスから省略することを意味します。この例では、各設定のデフォルト値を示しています。

  3. 設定ファイルに変更を保存したら、rippledサーバを再起動して、更新された設定を適用します。

    systemctl restart rippled
    

ピアクローラの無効化

サーバのピアクローラAPIを無効にして、ピアクローラーリクエストにまったくレスポンスしないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. rippledの設定ファイルを編集します。

    vim /etc/opt/ripple/rippled.cfg
    

    推奨インストールでは、デフォルトで/etc/opt/ripple/rippled.cfgという設定ファイルを使用します。その他の場所としては、$HOME/.config/ripple/rippled.cfg($HOMErippledを実行しているユーザのホームディレクトリです)、$HOME/.local/ripple/rippled.cfgまたはrippledを起動した現在の作業ディレクトリがあります。

  2. 設定ファイルに[crawl]を追加または更新し、変更を保存します。

    [crawl]
    0
    

    [crawl]の他のすべての内容を削除するか、コメントアウトしてください。

  3. 設定ファイルに変更を保存したら、rippledサーバを再起動して、更新された設定を適用します。

    systemctl restart rippled
    

関連項目