PaymentChannelCreate

[ソース]

PayChan Amendmentが必要です。

一方向のChannelを作成し、XRPを供給します。このトランザクションを送信するアドレスは、Payment Channelの「支払元アドレス」になります。

PaymentChannelCreate JSONの例

{
   "Account": "rf1BiGeXwwQoi8Z2ueFYTEXSwuJYfV2Jpn",
   "TransactionType": "PaymentChannelCreate",
   "Amount": "10000",
   "Destination": "rsA2LpzuawewSBQXkiju3YQTMzW13pAAdW",
   "SettleDelay": 86400,
   "PublicKey": "32D2471DB72B27E3310F355BB33E339BF26F8392D5A93D3BC0FC3B566612DA0F0A",
   "CancelAfter": 533171558,
   "DestinationTag": 23480,
   "SourceTag": 11747
}

PaymentChannelCreate Fields

In addition to the common fields, PaymentChannelCreate transactions use the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
Amount 文字列 Amount 送金元の残高から差し引いてこのChannelに留保するXRP、drop単位の額。このChannelのオープン時には、XRPをDestinationアドレスにのみ移動できます。Channelが閉鎖すると、未請求のXRPは支払元アドレスの残高に戻されます。
Destination 文字列 AccountID このChannelに対するXRPクレームを受け取るアドレス。Channelの「宛先アドレス」とも呼ばれます。送金元(Account)と同一にはできません。
SettleDelay 数値 UInt32 Channelに未請求のXRPがある場合に、支払元アドレスがそのChannelを閉鎖するまでに待機する時間。
PublicKey 文字列 Blob 支払元がこのChannelに対するクレームに署名するときに使用する公開鍵またはキーペア(16進数)。secp256k1公開鍵またはEd25519公開鍵を指定できます。
CancelAfter 数値 UInt32 (省略可) このChannelの有効期限(Rippleエポック以降の経過秒数)。この時刻の経過後にトランザクションがこのChannelを変更しようとすると、このChannelは閉鎖し、Channelは変更されません。この値は変更できません。Channelはこの時刻よりも早い時点で閉鎖できますが、この時刻の経過後にもオープンしたままにすることはできません。
DestinationTag 数値 UInt32 (省略可) このPayment Channelの宛先(宛先アドレスのホスティングされている受取人など) を詳しく指定するための任意のタグ。