AccountDelete

[ソース]

DeletableAccounts Amendmentが必要です

AccountDeleteトランザクションは、XRP Ledgerでアカウントと、アカウントが所有するオブジェクトを削除し、可能であれば、アカウントの残りのXRPを指定された送金先アカウントに送信します。アカウントを削除する要件については、アカウントの削除を参照してください。

AccountDelete JSONの例

{
    "TransactionType": "AccountDelete",
    "Account": "rWYkbWkCeg8dP6rXALnjgZSjjLyih5NXm",
    "Destination": "rPT1Sjq2YGrBMTttX4GZHjKu9dyfzbpAYe",
    "DestinationTag": 13,
    "Fee": "5000000",
    "Sequence": 2470665,
    "Flags": 2147483648
}

AccountDelete Fields

In addition to the common fields, a AccountDelete transaction uses the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
Destination 文字列 - アドレス アカウント 送金元アカウントを削除した後に残ったXRPを受信するアカウントのアドレス。レジャーの資金供給されたアカウントである必要があります。送金元アカウントにすることはできません。
DestinationTag 数値 UInt32 (省略可) ホストされた受取人、または削除されたアカウントの残りのXRPの受取人に関するその他の情報を識別する任意の宛先タグ

エラーケース

すべてのトランザクションで発生する可能性のあるエラーに加えて、AccountDeleteトランザクションでは、次のトランザクション結果コードが発生する可能性があります。

エラーコード 説明
temDISABLED DeletableAccounts Amendmentが有効でない場合に発生します。
temDST_IS_SRC Destinationがトランザクションの送金元(Accountフィールド)と一致している場合に発生します。
tecDST_TAG_NEEDED Destinationアカウントに宛先タグが必要であるのに、DestinationTagフィールドが指定されていない場合に発生します。
tecNO_DST Destinationアカウントが、レジャーの資金供給のあるアカウントではない場合に発生します。
tecNO_PERMISSION DestinationアカウントにDeposit Authorizationが必要で、送金元が事前に承認されていない場合に発生します。
tecTOO_SOON 送金元のSequence番号が大きすぎる場合に発生します。トランザクションのSequence番号に256を加えた値が、現行のレジャーインデックスより小さい値でなければなりません。
tecHAS_OBLIGATIONS 削除するアカウントが、レジャーの削除できないオブジェクトに接続されている場合に発生します。(escrowなど、他のアカウントによって作成されたオブジェクトが含まれます。)
tefTOO_BIG 送金元アカウントが、レジャーの1,000個を超えるオブジェクトにリンクされている場合に発生します。これらのオブジェクトの一部が先行して個別に削除された場合、トランザクションは再試行で成功する可能性があります。