EscrowCreate

[ソース]

Escrow Amendmentが必要です。

Escrowプロセスが終了または取り消されるまでXRPを隔離します。

EscrowCreate JSONの例

{
   "Account": "rf1BiGeXwwQoi8Z2ueFYTEXSwuJYfV2Jpn",
   "TransactionType": "EscrowCreate",
   "Amount": "10000",
   "Destination": "rsA2LpzuawewSBQXkiju3YQTMzW13pAAdW",
   "CancelAfter": 533257958,
   "FinishAfter": 533171558,
   "Condition": "A0258020E3B0C44298FC1C149AFBF4C8996FB92427AE41E4649B934CA495991B7852B855810100",
   "DestinationTag": 23480,
   "SourceTag": 11747
}

EscrowCreate Fields

In addition to the common fields, EscrowCreate transactions use the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
Amount 文字列 Amount 送金元の残高から差し引いてエスクローに留保するXRP、drop単位の額。エスクローに留保されたXRPはDestinationアドレスに送金されるか(FinishAfter時刻の経過後)、または送金元に戻されます(CancelAfter時刻の経過後)。
Destination 文字列 AccountID エスクローに留保されたXRPを受領するアドレス。
CancelAfter 数値 UInt32 (省略可) このEscrowの有効期限(Rippleエポック以降の経過秒数)。この値は変更できません。この時刻の経過後にのみ資金を送金元に返金できます。
FinishAfter 数値 UInt32 (省略可) Escrowに留保されたXRPを受取人に対してリリースできる時刻(Rippleエポック以降の経過秒数)。この値は変更できません。この時刻に達するまでは資金を移動できません。
Condition 文字列 Blob (省略可)PREIMAGE-SHA-256 Crypto-condition を表す16進数値。この条件が満たされている場合にのみ、資金を受取人に送金できます。
DestinationTag 数値 UInt32 (省略可) Escrowに留保されている支払いの宛先(宛先アドレスでホスティングされている受取人など) を詳しく指定するための任意のタグ。

CancelAfterFinishAfterのいずれかを指定する必要があります。両方を指定する場合は、FinishAfterの時刻がCancelAfterの時刻よりも前でなければなりません。

fix1571 Amendmentが有効な場合は、FinishAfterConditionのいずれかまたは両方を指定する必要があります。新規: rippled 1.0.0