PaymentChannelFund

[ソース]

PayChan Amendmentが必要です。

Payment ChannelにXRPを追加する、有効期限の更新も可能。このトランザクションは、Channelの支払元アドレスだけが使用できます。

PaymentChannelFundの例:

{
    "Account": "rf1BiGeXwwQoi8Z2ueFYTEXSwuJYfV2Jpn",
    "TransactionType": "PaymentChannelFund",
    "Channel": "C1AE6DDDEEC05CF2978C0BAD6FE302948E9533691DC749DCDD3B9E5992CA6198",
    "Amount": "200000",
    "Expiration": 543171558
}

PaymentChannelFund Fields

In addition to the common fields, PaymentChannelFund transactions use the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
Channel 文字列 Hash256 資金供給するChannelの一意のID(64文字の16進文字列)。
Amount 文字列 Amount Channelに追加するXRP、drop単位の正の額。
Expiration 数値 UInt32 (省略可) Channelに新たに設定するExpirationの時刻(Rippleエポック以降の経過秒数)。現行時刻にChannelのSettleDelayを加えた時刻よりも後であるか、またはChannelの既存のExpirationよりも後である必要があります。Expiration時刻の経過後には、トランザクションがそのChannelにアクセスするとChannelが閉鎖し、トランザクションの通常の処理は行われません。Channelの閉鎖時には未使用のXRPはすべて支払元アドレスに返金されます。(Expirationは、Channelの不変のCancelAfter時刻とは別のものです。)詳細は、PayChannelレジャーオブジェクトタイプを参照してください。

エラーケース

すべてのトランザクションで発生する可能性のあるエラーに加えて、PaymentChannelFundトランザクションでは、次のトランザクション結果コードが発生する可能性があります。

エラーコード 説明
tecINSUFFICIENT_RESERVE 支払元アカウントが必要準備金のXRPを持っていません。
tecNO_DST 送金先アカウントが削除されていました。 この可能性は、Payment Channelの作成時はfixPayChanRecipientOwnerDir amendmentが有効になった(2020-05-01)前の場合だけです。
tecNO_ENTRY Channelフィールドに指定されたPayment Channelがありません。
tecNO_PERMISSION トランザクションの送金元アカウントはPayment Channelの支払元アカウントではありまっせん。
tecUNFUNDED 送金元アカウントは必要準備金以上に指定されたXRPを持っていません。
temBAD_AMOUNT トランザクションのAmountフィールドの指定が正しくない。負もゼロも無効です。
temBAD_EXPIRATION Expirationフィールドの指定が正しくない。