PaymentChannelFund

[ソース]

PayChan Amendmentが必要です。

オープンPayment ChannelにXRPを追加するか、Channelの有効期限を更新するか、またはこの両方を行います。このトランザクションは、Channelの支払元アドレスだけが使用できます。(他のアドレスからのトランザクションはエラーtecNO_PERMISSIONで失敗します。)

PaymentChannelFundの例:

{
   "Account": "rf1BiGeXwwQoi8Z2ueFYTEXSwuJYfV2Jpn",
   "TransactionType": "PaymentChannelFund",
   "Channel": "C1AE6DDDEEC05CF2978C0BAD6FE302948E9533691DC749DCDD3B9E5992CA6198",
   "Amount": "200000",
   "Expiration": 543171558
}

PaymentChannelFund Fields

In addition to the common fields, a PaymentChannelFund transaction uses the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
Channel 文字列 Hash256 資金供給するChannelの一意のID(64文字の16進数文字列)。
Amount 文字列 Amount Channelに追加するXRP、drop単位の額。Channelの有効期限を設定し、XRPを追加しない場合は、これを"0"に設定します。
Expiration 数値 UInt32 (省略可) Channelに新たに設定するExpirationの時刻(Rippleエポック以降の経過秒数)。現行時刻にChannelのSettleDelayを加えた時刻よりも後であるか、またはChannelの既存のExpirationよりも後である必要があります。Expiration時刻の経過後には、トランザクションがそのChannelにアクセスするとChannelが閉鎖し、トランザクションの通常の処理は行われません。Channelの閉鎖時には未使用のXRPはすべて支払元アドレスに返金されます。(Expirationは、Channelの不変のCancelAfter時刻とは別のものです。)詳細は、PayChannelレジャーオブジェクトタイプを参照してください。