SetRegularKey

[ソース]

SetRegularKeyトランザクションは、アカウントに関連付けられているレギュラーキーペアの割り当て、変更、削除を行います。

アカウントを保護するには、レギュラーキーペアをアカウントに割り当て、トランザクションに署名するときに、可能な場合には常にマスターキーペアの代わりにレギュラーキーペアを使用します。レギュラーキーペアが漏えいしても、マスターキーペアが漏えいしていない場合は、SetRegularKeyトランザクションを使用してアカウントの制御を取り戻すことができます。

SetRegularKey JSONの例

{
   "Flags": 0,
   "TransactionType": "SetRegularKey",
   "Account": "rf1BiGeXwwQoi8Z2ueFYTEXSwuJYfV2Jpn",
   "Fee": "12",
   "RegularKey": "rAR8rR8sUkBoCZFawhkWzY4Y5YoyuznwD"
}

SetRegularKey Fields

In addition to the common fields, a SetRegularKey transaction uses the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
RegularKey 文字列 AccountID (省略可) アカウントに割り当てるレギュラーキーペアを示すbase-58エンコードアドレス。省略されている場合は、アカウントから既存のレギュラーキーペアが削除されます。

関連項目

レギュラーキーペアとマスターキーペアの詳細については、暗号鍵を参照してください。

アカウントへのレギュラーキーペアの割り当てについてのチュートリアルは、レギュラーキーペアの操作を参照してください。

セキュリティを強化するためにマルチ署名を使用できますが、マルチ署名を使用する場合にはトランザクションコストおよび準備金に追加のXRPが必要となります。