TrustSet

[ソース]

2つのアカウントをリンクするトラストラインを作成または変更します。

TrustSet JSONの例

{
   "TransactionType": "TrustSet",
   "Account": "ra5nK24KXen9AHvsdFTKHSANinZseWnPcX",
   "Fee": "12",
   "Flags": 262144,
   "LastLedgerSequence": 8007750,
   "LimitAmount": {
     "currency": "USD",
     "issuer": "rsP3mgGb2tcYUrxiLFiHJiQXhsziegtwBc",
     "value": "100"
   },
   "Sequence": 12
}

TrustSet Fields

In addition to the common fields, TrustSet transactions use the following fields:

フィールド JSONの型 内部の型 説明
LimitAmount オブジェクト Amount 作成または変更するトラストラインを定義する通貨額フォーマットのオブジェクト。
LimitAmount.currency 文字列 (Amount.currency) このトラストラインが適用される通貨。3文字のISO 4217通貨コード または通貨フォーマットに基づく160ビットの16進数値です。「XRP」は無効です。
LimitAmount.value 文字列 (Amount.value) このトラストラインに設定される限度を表す引用符で囲んだ10進数値。
LimitAmount.issuer 文字列 (Amount.issuer) 信頼したいアカウントのアドレス。
QualityIn 数値 UInt32 (省略可) このトラストラインの受入額を、1,000,000,000単位当たりのこの数値の割合で評価。値0は、残高を額面価格で扱うことを示す省略表現です。
QualityOut 数値 UInt32 (省略可) このトラストラインの払出額を、1,000,000,000単位当たりのこの数値の割合で評価。値0は、残高を額面価格で扱うことを示す省略表現です。

TrustSetのフラグ

TrustSetタイプのトランザクションについては、Flagsフィールドで以下の値が追加でサポートされます。

フラグ名 16進数値 10進数値 説明
tfSetfAuth 0x00010000 65536 他方の当事者がこのアカウントからのイシュアンスを保有することを承認します。(asfRequireAuth AccountSet フラグを使用しない場合は効果がありません。)設定を解除できません。
tfSetNoRipple 0x00020000 131072 同一通貨の2つのトラストラインでこのフラグが設定されている場合、これらのトラストライン間でのripplingがブロックされます。(詳細は、NoRippleを参照してください。)fix1578 Amendmentが有効な場合、トランザクションにこのフラグが使用されていてもNoRippleを有効にできないときは、そのトランザクションは結果コードtecNO_PERMISSIONで失敗します。このAmendmentが有効ではない場合は、トラストラインでNoRippleを有効にできない場合でもトランザクションの結果がtesSUCCESSになることがあります(トランザクションで可能な他の変更を行います)。
tfClearNoRipple 0x00040000 262144 No-Ripplingフラグをクリアします。(詳細は、NoRippleを参照してください。)
tfSetFreeze 0x00100000 1048576 トラストラインを凍結します。
tfClearFreeze 0x00200000 2097152 トラストラインを凍結解除します。

トラストラインのAuthフラグは、トラストラインがその所有者のXRP必要準備金に反映されるかどうかを左右しません。ただしAuthフラグを有効にすると、トラストラインがデフォルト状態になることがありません。承認されたトラストラインは削除できません。イシュアーは、トラストラインの限度と残高が0であっても、tfSetfAuthフラグだけを使用してトラストラインを事前承認できます。